おうちスクエニカフェ気分をファイナルファンタジー工芸品で味わおう

ファイナルファンタジー工芸品でおうちスクエニカフェ気分を味わいましょう!が今回のテーマです。

【FINAL FANTASY×能作】限定コラボ商品!



スクエニカフェといえばファイナルファンタジーなどのゲームをモチーフにしたカフェで、コラボメニューなども多くてゲームマニアであれば軽食や喫茶などをしながら楽しめて良いものです。

メニューもゲームの世界観を表現したもので提供されており、ゲームの世界に入ったかのような気分が味わえます。

スクエニカフェのコンセプトはオリジナルカフェメニューをはじめ、スクウェア・エニックスの人気タイトルをテーマに店内装飾を期間限定で変えるなど飽きないように工夫しています。

スクエニカフェは本格的なゲームの世界観を体験できるカフェとして雑誌やメディアなどで紹介されているため、外国人観光客も多く集まりシーズン中はなかなか入りにくいものです。

店舗は国内に東京の秋葉原と大阪の梅田しかなく、交通の要衝にあるため混雑してなかなか店に入れないことや自宅から遠くて行けないためゲームが好きだけど楽しめないという独特の悩みを抱えている方もいるかと思います。

私も首都圏に住んでいない為になかなか行けません。行きたいけどなかなかいけないスクエニカフェ…

そんな中でどうにか家庭でスクエニカフェ気分を味わえないか探したところ面白いグッズを発見しました!

【FINAL FANTASY×能作】限定コラボ商品!

です。

こちらはスクウェアエニックスが鋳物メーカーの能作とファイナルファンタジー発売30周年を記念して作った工芸品です。

能作は富山県のメーカーで能作の能作克治社長とスクエニの社長で富山県高岡市出身の松田洋祐氏が伝統工芸を生かして何かできないかと話し合ったのが、コラボのきっかけだそうです。

松田洋祐氏自身の故郷である富山県の伝統工芸をスクエニの看板といっても過言ではないファイナルファンタジーで盛り上げていこうというとてもロマン溢れる企画ですね。

能作は海外進出にも力をいれているようです。ファイナルファンタジーは世界中の方々がプレイしているゲームですので海外の方へのギフト用にしてみても喜ばれそうです。

スクウェアエニックスの社長 松田洋祐氏 が商品開発のきっかけをつくったということで当然ながら間違いなくスクウェアエニックスが公式に認めた工芸品となります。

RPFの金字塔と伝統工芸品のコラボ

商品です。

能作は国内で唯一の純度100%の錫(すず)製品をなんと400年も作り続けている老舗の錫製品メーカーです。

工芸品はFF好きにはもちろんカフェ好き、コーヒー好きにもおすすめできるラインナップです。



①FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARYプレート

1987年に第1作目が発売し、生誕30周年を迎える「ファイナルファンタジー」シリーズ。

こちらはFF30周年記念として限定300枚 限定です。職人が一枚一枚手作りで作ってます。全てシリアルナンバーが入っており、世界で一枚の一品です。FFファンならお馴染みの天野喜孝氏がデザインを手がけている気合いの入った逸品です。

②錫(すず)タンブラー
こちらはファイナルファンタジーの召喚獣 バハムートやチョコボ・モーグリの描かれたタンブラーとなります。

コーヒー好きにももちろんおすすめです。コーヒーやビールを美味しく飲む為に飲み口が薄くなっておりコーヒー本来の味が楽しめます。FFグッズ商品というだけでなくコーヒーやビールをより美味しく飲む為の工夫がなされてます。

③曲がるスマホスタンド

FFといえばクリスタルですね。クリスタルデザインのシンプルなスマホスタンドです。

④チョコボ・サボテンダー・モーグリ・トンベリを描かれた変幻自在に曲がる錫KAGO

人気のキャラが描かれた変幻自在に曲がるカゴで果物入れにしたらおしゃれですね。

⑤ファイナルファンタジー歴代のロゴが描かれたロゴ入りプレート

どれも職人が手作りした
職人魂の共鳴

した逸品です。

みなさんの思い入れのあるFF作品はどれでしょうか?私はFFⅥですね。子供の頃、夢中でプレイしてました。自身の思い入れのあるFF作品に思いを馳せながらプレートランチをつくってみたいです。

発売期間は期間限定で2019年3月31日までの
FINAL FANTASY期間限定商品

だそうです。



FFタンブラーにアイスコーヒーを淹れてロゴ入りのプレートにサンドイッチなどを盛り付けてプレートランチにしてみたりFFの世界観にひたりながらおうちでスクエニカフェ気分!を味わえます。

カフェ感を出す為にFFは曲もいいのでサウンドトラックをBGMに流してみるのもいいですね。

ちなみにFFはもっとも多くのオリジナルサウンドトラックを持つビデオゲームとしてギネス認定しているそうです。

自分でFFの世界観を表現したメニューを考えてみるのも面白いかもしれません。何かFFメニュー思いついたらつくってみてこちらのブログで報告致します。今度、モーグリのラテアートなんかもつくってみようかなぁ。

FF11以降はネットゲームの作品もありますのでネットゲームを通じて新たな出会いがあることも多く、オフ会でスクエニカフェ風の演出をすると盛り上がるかもしれません。

みなさんもおうちでスクエニカフェ気分を味わってみませんか?

2019年3月31日までの
FINAL FANTASY期間限定商品

ですのでお見逃しなく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました