この世を去るまでコーヒー

ほとんですが、私がよく飲んだ缶コーヒーはUCCのコーヒー豆のラベルといいますか、写真がついたロングな缶を思い出しました。この味を覚えて病みつきになるほどこの缶コーヒーを飲んだものです。

甘さに魅了されていたのか、コーヒーの香りがよかったのか自分ではよくわかりませんが、毎日のように飲んでいました。現在ではあまりこの手の缶コーヒーは見なくなりなりまして、少しさびしい気もいたします。確か私が高校生のころは、この缶コーヒーが一番売れていたような気がします。

そんなかんじで私はコーヒーという飲み物に魅了されて少しずつではありますが、コーヒーに対する期待感というものも変わってきました。年を重ねるごとに香りを求めるようになりました。20代のころは味とかはよくわからなかったのですが、喫茶店などの前を通ったりしますと、鼻にくるあの香ばしさがたまらなく私の気を起していたように思います。

どことなく大人の香りで、どことなく大人の一休といった感じが大好きでした。20代くらいでは本当にコーヒーの味はわからないと感じますが、香りというものに完全に魅了されていた時代だったように思います。

それから20後半ごろから私はコーヒーは頻繁に飲むようになりました。もちろんレギュラーも缶コーヒーもインスタントも関係なく飲んできました。それぞれのコーヒーに持ち味があり、それぞれの空間を思わせます。どのコーヒーにも魅力あると私は思っています。一時はこんな時期もありました。それはなにかといいますと、飲みたくもないのに、タバコを吸う人がタバコを頻繁に吸うようにコーヒーを頻繁に飲んでいたんです。それでカフェインの取りすぎとでもいうのでしょうか、本当に中毒状態になっていました。すべて種類のコーヒーのうち、缶コーヒーが一番多かった気がいたします。

糖質が高いですから、当然体も太っていました。それほどに飲んでいました。それから30代になりましたら缶コーヒーはあまり飲まなくなっていきました。

インスタントかレギュラーになりました。健康を考えてということではありませんでしたが、自然と自動販売機などには立ち寄らなくなっていました。その頃は甘みのコーヒーが嫌になっていたと思います。

これまでのように香りや甘みを求めるものではなく、苦みや渋みを求めるようになっていたような気がいたします。砂糖やミルクは一切なしのブラックコーヒーをよく飲むようになりました。

年齢とともに人の好みというものは変化していくのでしょうか。

40代になりましたら、30代のころには10杯くらい飲んでいたコーヒーも3杯くらいになりました。

なぜだかわかりませんが、現在もそのくらいのペースで飲んでいます。

現在私は50才なのですが、最近ではコーヒーを飲むときは、仕事の調子を上げるためといった理由で飲んでいる自分に気付きました。

今は甘いものも時々飲んでいますが、原点はブラックですからやはり渋みがたまりません。特にコーヒーに詳しいわけでも、好みとかもないのですが、たまに若いころから好きだった香りと、甘みを感じたくなる時があります。

いくつになっても本当のコーヒーの魅力はわかっていないのかも知れません。もしこの世にコーヒーがなくなったらどうもなりませんが、ちょっと心折れてしまいますね。コーヒーにはなんとなくミステリアスさすら私は感じてしまいます。これから先の人生はゆっくりとコーヒーのことを考えながらコーヒーのが飲める日々を送りたい願います。私はこの世を去るまでコーヒーを追い求めていくのではないでしょうか。

一つ一つの人生の節目にコーヒーというものはさまざまな場面にありました。日本茶もいいですが、コーヒーにはとっても存在感が強い気がいたします。コーヒーには夢と期待感も感じます。そしてとてもおしゃれな気分にもしてくれるんです。

最近は喫茶店というものがとても少なくなったような気がして、コーヒーの香りを街中であまり感じなくなってきたような気もいたします

街中を歩いていてなんとなく流れてくるコーヒーの香りがいつも私の心をつかんで離さなかったものです。でも最近は自動販売機ばかりがやたらと目に着くものです。時代の流れと言えばそこまでかもしれませんが、コーヒーの販売形式も変わったものです。

私は静かな喫茶店でカップの音だけが響くあの感じが大好きでした。子供の頃にそれをよく感じたことがあります。

50歳になった今も、喫茶店に入るとその音を感じ取っています。どことなく大人でどことなくおしゃれで、どことなく夢があるあのカップの響きがたまりません。その空間にいるだけ幸せを感じてしまいます。コーヒーはそもそも日本から始まってものではありませんが日本から始まってものではないからこそ、ミステリアスさと、おしゃれさを感じてしまいますのは、日本人である私だけなのでしょうか。

コメント