アウトドアでおいしく飲めるコーヒーミルを選ぼう

アウトドアで本格的なコーヒーを味わいたい時はコーヒーミルをそのまま現地に持っていき、豆を挽いて好みに合わせて抽出すると楽しめますよね。
キャンプ場などでコーヒーミルを使う時は電源がない場所が多く、手動でサイズが小さいと荷物にならなくて運びやすくて便利です。
コーヒー豆は袋に入れると使い切ってそのまま処分でき、空気や湿気に触れずに乾燥した状態を維持できるように考えると有効活用できて満足できますよね。

 

コーヒーミルは通販サイトを利用すると販売店より安く購入でき、メーカーごとに個性的なデザインのため好みに合わせて選ぶと良いものです。
アウトドアで本格的なコーヒーを味わう時は木でできたテーブルの上に置くと良いもので、重さが軽いと置きやすくて豆を挽いてこだわりの味にすると楽しめますよね。
コーヒーの基本は豆の選び方や挽き方などがあり、抽出方法によって最適な状態を把握してコーヒーミルを選ぶことが大事です。
好みの味は人それぞれですが様々な産地の豆を使い分け、焙煎した状態で風味が落ちないように賞味期限を確かめて使い切る必要があります。
コーヒーミルは小型になると豆を入れる量が少なくなりますが、価格が安くて持ち運びやすいなどのメリットがあり比較して決めると良いものですよね。

 

キャンプなどでコーヒーを味わうことはいつもとは違った風景を見れるため、自宅や店で飲むものとは違った世界観を堪能できて良いですよね。
本格的なコーヒーを味わう時は自宅でコーヒーミルを使って豆を挽いてから持参して淹れると便利ですが、持ち運ぶ際に時間がかかります。
コーヒー豆は粉にすると空気に触れやすくて品質が落ちやすく、せっかく味わうなら現地で挽いてから淹れるようにしたいものですよね。
コーヒーミルは元来は屋内で使うことを想定しているため悪天候や衝撃などに対処できず、耐久力も弱いため慣れない環境で使うと故障して不便になります。

 

ミルのタイプは手動式または電動式がありますが、キャンプ場は電源がない場所が多くバッテリーを持参すると荷物が重くて避けたいものですよね。
電動で対応できない場合は手動式ミルを選ばざるを得ないため、コーヒー豆を挽くために手間がかかりますがなるべく負担をかけない方法を探すと安心できます。
コーヒーミルは多くのメーカーから販売され、サイズや重さの目安や価格などを比較すると好みに合わせて選ぶきっかけになりますよね。
アウトドア専用のコーヒーミルはアルミなど耐久性が強く、自宅で使用する機種と比べると価格が高いものの安心して使えるため便利です。
コーヒーミルはキャンプ場など外気に触れやすい場所で使うと湿気が付いて錆びやすく、金属臭がするためにバッグなどに入れて持ち運ぶ際には扱い方に注意する必要があります。
キャンプ場などでコーヒーを味わう時は天候が悪いと雨水などが入りやすく、ミル本体に湿気が付かないように箱やケースに入れるなど工夫することが大事です。

アウトドアでコーヒーをおいしく飲めるようにするためにはコーヒー豆をミルで挽いてそのまま抽出すると良いものですが、気象状況に左右されやすく濡れないように持ち運ぶ必要があります。
コーヒーミルを選ぶポイントはハンドルの部分が特殊な形のため、使わない時は取り外してコンパクトにできるようにすると持ち運びやすいですよね。

 

キャンプ場にコーヒーセットを持って行く時は豆の品質が劣化しないよう注意し、専用の袋に入れてバッグの中を整理整頓することが求められます。

 

現地でコーヒーを淹れるときは一度に挽ける豆の量を確かめ、容量が少なくて人数が多いと時間や手間がかかるため内容を比較して臨機応変に決めると良いですよね。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA