アウトドアでも使える便利なコーヒーミル

一息いれたい時には必須といっていいほどの飲み物でもあるコーヒー。いろいろな淹れ方があると思いますが、コーヒーが好きな人はまずインスタントで飲むという方はいないんではないでしょうか。豆からいれたコーヒーの味や匂いは独特のものがありますし、特に挽きたては香りが強く美味しく感じられます。

現在は様々なコーヒーグッズが出ているので自宅だけでなく、アウトドアでも手軽に美味しいコーヒーが楽しめるようになりました。今回はアウトドアでコーヒーをより美味しく楽しむためのコーヒーミルについてお話したいと思います。

まずアウトドアだからこそ必要になってくる最大の要素はコンパクトで持ち運びしやすいというところだと思います。アウトドア向けのものも色々とありますが、その中でも例えば『ポーレックス』から出ている手挽きミルですとコンパクトで使いやすいです。

特にこういった手挽きミルの場合、ハンドル部分が取り外しできるタイプのものが多く、アウトドアなど持ち運ぶ際にその取り外したハンドル部分の収納に困る事も多いのですが、ポーレックスの手挽きミルですと、ミニの方は専用のゴムのカバーが付いていてそこに収納できるようになっていますし、通常タイプのものでもポーレックス用のカバーが別で売られていたりもするのでそれを使うこともできるため便利です。

使い方も簡単で上部に豆を入れて挽けた豆が下の部分にたまっていくのですが、挽き具合の調節をする際に色々取り外さないと調節できないミルが多い中で、ポーレックスのタイプのものですと下部の挽いた豆をためるボトル部分を取るとネジがありそこで調節できるようになっているので便利です。

ポーレックスは手挽きミルの中では比較的効果ですが、類似品で似ているものが安価で売られているのでアウトドアなどのちょっと使いにはそういったものでも十分美味しいコーヒーが飲めるかと思います。

また、たくさんの人数でアウトドアでコーヒーを飲みたくて手動では面倒くさいという方もいらっしゃると思います。そういった方は電動ミルがおすすめです。

ただし電動ミルの場合はどうしても大きさが大きくなりかさばりがちだったり、電源供給が必要なものも多いので使用する場所などによってもベストなものが変わってきます。基本的にはハリオ、メリタ、カリタなどのコーヒー用品専門メーカーから出ているコンパクトなものがおすすめですが、その他Madoatsから出ている電動ミルなどですとUSBで充電できてフル充電から10回以上豆を引くことができるものなどもあるので、電源供給が出来ない場合などは重宝します。

色々なコーヒーミルがありますが、例えばコーヒーミルを忘れてしまった、途中で壊れたり充電が切れてしまったなど不測の事態に陥ってしまうこともあると思います。最後にそういった場合のコーヒーの挽き方をお教えしたいと思います。必要なものは薄いバンダナなどの布と石です。やり方は簡単で布にコーヒー豆を包んで大きめの石の上に置き、手にも大きめの石を持って豆を潰すだけです。

どうしてもムラができて時間もかかりますが、実は意外と問題なく飲めるコーヒー豆を挽くことができるのでいざという時は試してみてください。その際細かくなりづらい場合はペーパーフィルターなどではなく、煮出してしまうというのもコツです。

キャンプの朝起きたら湯を沸かしてコーヒーを入れる、夜全ての作業を終えた後に火を消す前に湯を沸かしコーヒーを入れる。コーヒーは実はアウトドアでも豊かさを演出しながら一息いれられる大切な飲み物だったりもしますので、自分にあったコーヒーミルを見つけることは楽しいアウトドアでのコーヒーライフに繋がります。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA