アドリア北出丸カフェ

歴史ある鶴ヶ城にたたずむ、上品で優雅なコーヒーのお店 の紹介です。福島県は会津若松市にある鶴ヶ城は、今年で戊辰戦争150年を迎えます。

 

戊辰戦争で新政府軍に負けた悲しみ、朝廷に歯向かったという汚名を着せられてもなお、徳川家に忠実であろうとした会津の武士の心が会津の人々の心には受け継がれています。

鶴ヶ城には、戊辰戦争当時のまま残る古井戸や半鐘の鐘(時刻を知らせる鐘。戊辰戦争時は敵がきた合図としても使用された。)が残っており、半鐘の鐘は多くの死者を出しても戦い続ける会津藩の心の支えとなりました。しかし、同時に新政府軍には忌々しい鐘の音とされ、時刻を知らせる鐘がなると爆撃をなげこまれ、半鐘の鐘付近は多くの死者が出た場所でもあります。

江戸時代に使用した旧式の武器では、新政府軍の最新式の武器が相手ではたちうちできるはずもなく、長い籠城戦になっていきます。しかし、そんな籠城戦の兵糧もつき始めていきます。

 

会津藩は、夜な夜な命がけで新政府軍のいる場所へともぐりこみ、兵糧を盗んではなんとか食べ物をくいつなぐという行動をとって、必死に鶴ヶ城を守ろうと、また、鶴ヶ城城主保科容保公を守るために最後まで戦い抜きました。
鶴ヶ城はまさに会津若松市のシンボルです。会津の人々の歴史を物語る上で欠かせない城です。

そんな鶴ヶ城は、会津若松市の中心部に住宅やお店とともにボンと建っており、親しみやすい城でもあります。その鶴ヶ城の北出丸付近に、美味しいコーヒーが飲めると評判のお店があります。本物志向の強いマスターが作った、本気のコーヒーです。コーヒー好きにはたまりません。コーヒーの値段は他のお店よりも高めですが、それでも納得の味です。

お店の府雰囲気は洋風の作りで、オープンテラスがついています。ガラスの扉を開けると、大きな胡蝶蘭が出迎え、まるでダンスホールかのような広々とした店内には、センスの良いすべてオーダーメイドのテーブルやイスが並べられています。お店に入るだけで優雅な気持ちになり、非日常の空間を味わうことができます。

コーヒー以外にもスイーツやランチが楽しめます。お客様も上品な方が多く、みなさん、しっかりとコーヒーやランチを楽しむためにきています。お子様がいる方向けではありません。店内では、静かにゆっくりと時間の流れを感じながらコーヒーを楽しむことができます。

ランチは洋食が中心です。薬膳カレーやデミグラスソースのオムライス、パスタ、ビーフシチューなど、どれも美味しいです。スイーツも品の良いものばかりで、ドーナツにメープルシロップをかけて食べたり、ムースやゼリーなど、こちらもとても好評です。

・店舗名 アドリア北出丸カフェ
・住所 福島県会津若松市追手町4-28北出丸館1階
・電話番号 0242-27-3600
・営業時間 月~土(10時~21時) 日・祝(10時~18時)
・駐車場 有

このお店にランチで訪れるのなら、1人当たりの予算は1500円~2000円といったところです。静かな雰囲気を味わえるので、じっくりと腰をおろして店内の雰囲気とコーヒーを堪能できます。鶴ヶ城散策で歴史を堪能した後、ここのカフェに立ち寄ってちょっとコーヒーを引っ掛けるのも素敵ですね。お城のすぐ目の前に立地しているので、再び鶴ヶ城に足を運ぶこともできます。ちょっとしたお城散策の休憩に利用しても良いと思います。お城付近にある他のお店は、どちらかというと庶民的でどこにでもあるようなお店ばかりです。そんな中、ひときわ目立つ上品なお店がここのお店です。せっかく会津見学に来たのなら、一度、立ち寄ってほしいお店です。会津の女性の間で人気のあるお店でもあり、子供が幼稚園に行っている間にランチしているママさんも多いです。

コメント