インスタントカフェインレスコーヒーの安全な選び方

コーヒーはカフェインが入っているため実際に安心して飲めるかどうか不安に感じる方も多いもので、最近ではカフェインレスコーヒーがにわかに注目されています。

カフェインといえば眠気を覚ましてくれるため急に眠くなるようなタイミングで飲むと良いものですが、過剰摂取すると健康に影響を及ぼすこともあるため一筋縄ではいかないものです。

コーヒーが好き!
しかしカフェインがあるため安心して飲めない!

このような悩みがある方は少なからずいます。
このような悩みに役立つものといえばカフェインレスコーヒーで、コーヒーを飲みながらカフェインの摂取を避けるという魔法の飲み物です。

カフェインレスコーヒーを手軽に自宅で味わいたい!

こういう時に役立つものがインスタントのカフェインレスコーヒーで、瓶に入った粉状のものをお湯で溶かして好みに合わせてミルクや砂糖で味を整えると手軽に飲めます。

インスタントコーヒーといえば瓶に入ったお湯に簡単に溶ける細かい塊のようなものや、箱に入ったスティック状の粉末タイプがありどっちにするか迷うものです。このようなものは所詮インスタントだしカフェインレスにしても偽物のコーヒーと変わらないと考えがちですが、実際には使用する豆などの原料や製法によって味は変わってきます。

こういうときこそランキングを参考にするとメーカーや商品ごとに味や価格などを比較でき、自分に合ったものを選ぶきっかけにすると良いものです。メーカーはネスカフェ、マウントハーゲン、クライスなど海外の製造会社のものですが、瓶のラベルの色が代わり実際に飲み比べてみると違いがあります。

おなじみのネスカフェゴールドブレンドのカフェインレスコーヒーはカフェインを97%カットし、どうしてもカフェインが気になると悩んでいる場合に向いています。

製法は水抽出のデカフェ方法で、いったん水で抜いた成分に有機溶媒という科学物質を使用してカフェインを抜くという仕組みです。

一般的にデカフェに使用される「有機溶媒」はウレタン発泡助剤や冷媒等に使用されているジクロロメタンという物質で、皮膚に触れると薬傷を起こしたり蒸気を大量に吸入すると急性中毒を起こすことがあるためあまり安全とはいえないため不安になります。

しかし、ネスカフェゴールドブレンドカフェインレスは自然の水だけを使用する独自の製法となっているため、有機溶媒を使用していないために安全して飲めることがメリットです。

通常のゴールドブレンドとカフェインレスの違いはちょっと全体に薄味のような感じになり、良い言い方をすれば上品な味として人気があります。このような表現ではあまりおいしくないと思われそうですが、一番酸味が強くて苦みが少ないことが特徴です。しかし、他の2つと比べるとコクがなくて物足りないという方も多く、人によって好みが分かれるという印象があります。

次にマウントハーゲンオーガニックフェアトレードカフェインレスは、高地有機栽培のアラビカ豆を100%ブレンドしています。味の特徴は自然なカフェイン除去プロセスにより本来の深く豊かな味と香りをそのまま残し、カフェイン残留率0.3%未満に抑えていることが特徴です。

欧米で特許を持つ天然の液体CO2と水だけでカフェインを除去する方法である超臨界二酸化炭素抽出法を採用し、本来の深く豊かな味と香りをそのまま残してスッキリと飲めます。

超臨界二酸化炭素抽出法はカフェイン除去方法の中で、コーヒーの味を損ないにくいため安全です。オーガニックのコーヒー豆を使用しているため、安心して飲みやすいことがポイントになります。

ゴールドブレンドよりコクを感じますがクライスと比べると酸味が強い感じで、コーヒーの香りが強く口に入れた瞬間の苦みが強いというイメージです。

苦み以外にもコーヒー本来の味の深みや芳醇な香りがありますが、実際にはデカフェではこのコーヒーが良いという見方もあります。値段は味の割には高いため賛否両論ですが、オーガニックのため安心して飲みやすいことが特徴です。

クライスカフェインレスコーヒーの特徴は厳選されたアラビカ種コーヒー豆を使用し、本来の風味を損なうことなくカフェインを99.7%カットして本来の酸味や香りが程よく調和した逸品に仕上っていることが特徴です。

カフェイン抽出法は化学薬品を一切使用しない超臨界二酸化炭素抽出法で除去し、通常のコーヒーのように安心して飲めます。

このコーヒーの味わいはコクも感じられ酸味が少なく感じることもあれば、一口目の苦みが少し強くなるなど人によって捉え方が異なります。酸味は一番少ないもののコーヒーの味や香りもしっかりしているため、全体的にバランスのよい味わいに仕上がっていることが特徴です。

インスタントのカフェインレスコーヒーは以上の3種類が定番ですが、人によって好みが分かれるものです。

ブラックで飲む時はクライス、マウントハーゲン、ネスカフェゴールドブレンドの順になりますが、カフェオレにするならネスカフェゴールドブレンド、マウントハーゲン、クライスと順序がそっくり逆になります。

カフェインレスコーヒーは通常のコーヒーと比べると味が薄くて軽いように感じ、カフェインが気になるものの安心して飲みたいと考えると良いようです。

カフェインレスコーヒーという言葉の定義は曖昧ですが、欧州では残留率が0.1%~0.3%という厳しい基準が設けられています。安心して飲めるコーヒーを選ぶ時はカフェイン除去率が明示されていることを確かめ、健康な生活を遅れるようにしたいものです。

カフェインの除去方法は複数の種類があり、処理する際に添加物が含まれてしまうため注意しないといけません。

まずは有機溶媒抽出法で、名前からして薬品を使っていそうな抽出法に見えます。その仕組みはクロロホルムやトリクロロエチレン等の薬品を使用してカフェインを除去し、カフェインレスの登場初期に主流となった手法です。

この方法は低コストで処理できますが、カフェイン以外の成分も除去されてしまいコーヒーとしての味や香りに影響が出るなどのデメリットがあります。また、化学薬品を使うため健康面のリスクは複数指摘され、日本国内では法律で禁止されているためレアです。

つぎに、ウォータープロセスはコーヒー豆を煮沸したお湯に漬け、フィルターにかけることでカフェインを除去する方法で化学薬品を使わずにできる点がメリットです。しかし、お湯に漬けると風味が落ちることがデメリットですが、化学薬品を使わないため健康に良い方法となっています。

三番目は超臨界二酸化炭素抽出法で、通常の物質は固体と液体と気体の3種に分類されますが一定の圧力下において加熱処理を加えて液体と気体の中間の状態を保つ仕組みです。

この手法は上記の性質を利用して作り出した二酸化炭素を用い、カフェインの除去を行う画期的な手法のため安心できます。

また、化学薬品を使うわけではないので毒性を考慮する必要がなく、カフェイン以外の物質にはほとんど影響を及ぼさないことがメリットです。このため風味を維持しつつカフェインだけを乗り除けるため、現在において最も優れた抽出法として挙げられています。

最後に遺伝子組み換え豆は話題となった遺伝子組み換えを行ったコーヒー豆で、カフェインを含まないように人工的に行われていることが特徴です。

このため、該当する品種の豆はカフェイン含有量が少ないか皆無と言われてますが、カフェイン合成の前段階となる物質が含まれているなど課題があります。また、確かな科学的根拠によるものではありませんが、複数の免疫機能に対する影響など様々な懸念が指摘されていることが特徴です。

以上の方法を踏まえてカフェイン抽出についておさらいすると、超臨界二酸化炭素抽出法が最も優れてますが製造コストが高く製品価格に影響し、ウォータープロセスは安価で信頼できる抽出法になります。

ノンカフェインのコーヒー豆を選ぶ時は安全性を重視しないと意味がなく、大半が海外で製造されているため慎重に決めたいものです。

信頼できるコーヒー豆といえば国産品があり、化学処理した豆の販売を法律で禁じているため安心できます。また、少なくとも化学薬品を使った抽出法は存在せず、基本的には国産品を選択することが最も強く推奨されているものです。

国産品はカフェイン除去率に規格がないといっても、自信をもって販売している製品の中には除去率を明示した商品も少なくないため結果的に信頼性という意味では最高だと言えます。

ただ、コーヒー豆を安く買うためには個人輸入をすると便利に思われますが、安物買いの銭失いにならないように自己責任で考える必要があります。

個人輸入扱いとなるコーヒー豆は通販では少なくなく、仕入れた商品の中には化学処理した豆もあるため事前に調べてから購入しないといけません。

コーヒー豆は特に国産品だと思っていたが実は個人輸入扱いで海外の製品を仕入れるケースも意外と多いものですが、海外製のものか否かは注意深く観察することで見分けることが可能です。

カフェインレスコーヒーはインスタントにするとお湯で溶かして気軽に飲めますが、安心して飲めるようにしないと元も子もないものです。
注文する方法は専門店に行くとスタッフと相談できて便利ですが、通販でしか扱っていないものも多く自分自身で仕組みを確かめて決める必要があります。

最近はランキングもあるためネットで検索すると情報が分かり、それぞれの特徴を確かめると選ぶきっかけになります。

Amazonや楽天など通販サイトで売り上げた実績においてトップはマウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒーになり、不整脈がひどく困っていたら治ったという情報もあるなど病気を治す方法として使われていることが特徴です。

2位はネスカフェゴールドブレンドカフェインレスで、通常のものがあまりにも人気でカフェイン抜きになっただけで好評価を得ています。

3位はネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス エコ&システムパックで、 独自製法として知られる挽き豆包み製法で作られたレギュラーコーヒーで飲み終わった後にカップの底から覗くきめ細かな粒から製造技術の高さが伺えるため人気です。

4位は小川珈琲店カフェインレスブレンドで、1952年に創業した小川珈琲店が水を用いてカフェインを除去する製法で97%の除去率を誇っているため安心して飲めます。

5位はUCCのおいしいカフェインレスコーヒーで、インスタントタイプのカフェインレスコーヒーで、液体二酸化炭素抽出法を用いてカフェイン除去が行われ豆の味や香りを傷つけることなく97%カットに成功していることが特徴です。

このようにインスタントのカフェインレスコーヒーを選ぶ時は種類があり、それぞれの特徴を確かめて興味を持って決めると安心できます。

また、せっかく良いコーヒーを選んでも注意すべき点はあるもので、おいしく味わえるように次の項目を確認する方法が望ましいです。

まずは焙煎日で生の状態では長期保存できますが、炒ってしまうと酸化により時間と共に味が落ちてしまうものです。美味しくカフェインレスコーヒーを楽しむためには、できるだけ新しいうちに飲む必要があります。

カフェインレスとは言えコーヒーの香ばしさや風味があり、殺さないように焙煎してそのまま放置しすぎないようにすることがポイントです。

カフェインレスコーヒーはやはりカフェインの摂取が気になる時に限定し、妊娠中や就寝前やカフェインに弱いなと感じている場合に選ぶと良いものです。

手軽にカフェインレスコーヒーを飲みたいと思っているあなた!

コーヒーからカフェインの成分を取り除くためには添加物が入ることもあり、安心して飲めるかどうか確かめて決めましょう。

カフェインは確かに眠気を覚ましてくれるため気合を入れるためには効果的ですが、摂取し過ぎると体に悪影響を及ぼすためカフェインレスに切り換えるなど工夫することが大事です。

コーヒーはカフェインを含んでいなくても豆の味わいを楽しめるため、健康な状態にしたい場合にカフェインレスんすると安心できます。

インスタントカフェインレスコーヒーは手軽にカフェインを含んでないコーヒーを味わえ、スッキリとした日々を過ごせるように好みに合わせて最適な種類を選ぶと良いと思います。

コメント