エスプレッソ 〜苦くて楽しいひと時〜

私は、コーヒーといえば大人の飲み物だと思っている。
それは子供の頃も今もその概念は変わっていない。
なぜだろうと改めて考えてみた。
きっとコーヒーの苦味を美味しいと感じることなのだろうと思う。

小さい頃、母親に連れられて知人の家を訪問した時に初めてコーヒーを飲んだのだが、その衝撃は今も忘れていない。
コーヒーの香ばしい匂いに誘われて、スティックシュガーやミルクも入れずに一口飲んだらとても苦かった。
子供の味覚は敏感なので苦味が舌に残り続け、慌ててミルクとスティックシュガーを混ぜて飲んでも苦味は気持ち程度しか変わらなかった。
それでも子供心に、せっかくコーヒーを入れてくれたのだから、最後まで飲もうと試みたが、結局半分程で残してしまった。
コーヒーを入れてくれた知人と母親は帰る頃には飲み干していた。
母親は糖分を気にしていたのでミルクのみだったのも幼い私には驚きであった。
あの苦味が何故大人は美味しく感じるのか、子供の頃は全く理解できなかった。

 

かといって大人になった今も理解できるといえばそうでもない。
今でもコーヒーの苦味は苦手で、職場の給湯室で休憩を取るときもコーヒーと紅茶、もしくはお茶、どちらを選ぶかというと紅茶やお茶を選ぶ。
コーヒーの苦味は当然、紅茶やお茶の苦味の比ではない。
ただ、やはり大人になってもコーヒーの匂いは好きで、香りにつられてコーヒを飲むことがある。
コーヒーの匂いは不思議だ。
仕事で忙しくてもコーヒーの香りがするとリラックスしてしまうという不思議な魔力を持っている。
昔「コーヒールンバ」という曲があったが、あれと同じでコーヒを飲むと気分が変わるし、楽しい日であれば心もウキウキするのはもっともなことかもしれない。
さらに言えば、恋を忘れた男がコーヒを飲むことで若い娘に恋をするのも頷ける。
恋をする…
思い返せば私もこの「コーヒールンバ」の歌詞と似た苦いエピソードがある。

私は大学の頃から同じサークルで好きな人がいた。
私の初恋で、人を好きになるとすぐに盲目になっていった。
その盲目さが逆に重く感じたのか何回告白しても振り向いてもらえなかった。
大学を卒業後それぞれ違う道を歩んでも忘れられず、その年の冬にあったサークルの同窓会で再び告白したが、あっけなくフラれてしまった。
真剣に人を好きになった分、フラれることの辛さは当時の私には抱えきれないほど辛く、仕事中に思い出して泣きそうになって席を外すくらいであった。
家に帰れば1人の時間が確保できる分、悲しみに沈んで眠りに落ちることが多かった。
泣いてもフラれた事実は変わらない。
かといって新たな出会いを求める程の気力もなく、毎日を過ごしてきた。
ある日、職場の同期の飲み会で思わぬ事が起きた。
ビールを片手に会社の愚痴や職場であった面白い話をしていた中で、彼氏や彼女はいるのかという話題になった。
すると同期の女子の中で唯一私だけ彼氏持ちではないことが分かり、盛り上げ役の男子櫂くんが「あいつ彼女いないから付き合えばいいんじゃない?」と冗談交じりで言ったことだった。
あいつ、と指差した先は同じ同期だけどあまり接点のなかったCくん。
櫂くんは「おーいこっち来いよ」と遼くんを呼び寄せ、私の隣に座らせた。
「2人ともフリーなんだし今度映画でも行ってきたら?」
櫂くんの一言に私も遼くんもきょとんとした。
あまりにも唐突だったから。
いくら酒を呑んでいてもこの一言で2人とも冷静になった。
もしフラれていなかったら…
フッた相手と両想いで付き合っていることになっていたならば、こんな展開にはならなかっただろう。
だけど、フラれてしまった今、私はこう考えたのだ。
遼くんとはたまにしか話をしたことがないけど優しそうだったし、断る理由も特にない。
いつもは控えめな私だったが、この日はお酒が入っていたからか積極的だった。
「遼くんがよければ一緒に映画に行きたいな。」
少し遼くんの顔色を伺いながら言ったのだが、遼くんは快く返事をしてくれた。
その後もとても不思議だった。
今まであまり話をする間柄でもなかったのに、飲み会の帰りに駅の地下道を通る間、会話が途切れることがなく一緒に話していて楽しかったのだ。
それだけでなく映画の約束まで…!
あまりにもトントン拍子に物事が進み過ぎて夢でも見ているかのような心地であった。
約束の日まであと2週間。
それからというものの、仕事をしている最中であっても、カレンダーを眺めてはあと何日あるだろうと数えてしまう始末であった。
少し浮ついていたのを気付かれたのかは分からないが、上司からコーヒーの買い出しを頼まれた。
事務所の廊下にある紙コップの自販機で買うのだが、キリマンジャロ、ブルーマウンテンなどコーヒー種類が細かく分けられているのだ。
おそらく、コーヒー好きの上司の意見が反映されているのだろう。
私はその日は珍しくコーヒーを選び、キリマンジャロに砂糖とコーヒーボタンを押した。
この先待ち構えているデートという一大イベントで動揺している自分をコーヒーの匂いで落ち着かせる為だ。
コーヒーの種類は詳しくないが、この自販機のコーヒーは美味しかった。
いよいよデート当日。
その日は日曜日だった。
事前に2人で話した計画では、まず10時に遠くの大型ショッピングセンターに集合。
近隣にもショッピングセンターはあるが、職場の人達にせっかくの初デート現場を目撃されるのは嫌だった。
遠くであれば誰にも邪魔されずに済む。
主な目的は映画。
候補はいくつかあったが、現地で決めようということになった。
その後は食事をしてショッピングをし、次の日からは会社の出勤日なのでそれに備えて解散…という計画だ。
このショッピングセンターはたまにしか来ないので、集合場所に着くまで少し店内で迷ってしまった。
さらに都市中心部にあるので早い時間にも関わらず既に混み始めていた。
心臓をドキドキさせながら集合場所に着いた。
まだ遼くんは来ていないようだ。
待っている間、私はこれから始まるデートに不安で胸が高鳴っていた。
もし遼くんの気が変わってやっぱりデートに行くのをやめよう、ということになったらどうしよう。
親しくなったばかりなのに、長時間2人で行動をして会話が続くのだろうか。
約束の時間に近づくにつれ胸の鼓動も早くなっていった。
が、心配もつかの間、C君はやって来た。
まずはデートがドタキャンになったらという不安は解消された。
おはよう、と挨拶を交わして早速エスカレーターで2階にある映画館へ向かった。
この日は新作映画ばかりで何を観ようか選ぶのに時間がかかってしまったが、前日テレビで宣伝していたアクション映画を観ることにした。
映画を観ていたものの、初めてのデートで緊張していて内容は全く覚えていなかった。
隣に遼くんが座っている。
ただそれだけでも私の心臓の鼓動が止まらなかった。
遅く食べた昼食で映画の事について聞かれたけど、私は正直に「C君が隣にいて緊張し過ぎて内容は覚えていない」と答えてしまった。
どうやら遼くんも緊張していたのか「俺もあまり覚えていない」と答えてくれたが、気を遣ってくれたのかもしれない。
その後は職場の愚痴や同僚の話を中心に会話をしていたが、初回のデートにも関わらずこの時も会話が途切れなかった。
その後はショッピングセンター内の店を見て回った。
洋服は彼の前で見て回るのが恥ずかしくて、食器のお店や雑貨屋ばかりを見て回った。
久しぶりに来るこのショッピングセンターは、午後にはもう人混みでいっぱいになっていた。
時折すれ違う、手を繋いだカップル達を見る度、私ももいつか遼くんと手を繋げる仲になればいいな、と思っていた。

お店を見て回るうちに夜の6時が過ぎた。
昼食を食べたのが遅かったので二人とも空腹感がなかった。
そのため、最後に寄った雑貨屋に併設されている喫茶に入ることにした。
遼くんはエスプレッソを頼んだ。
私はエスプレッソのことがよく分からないが、遼くんと同じものを頼んだ。
「コーヒーはよく飲むの?」
コーヒーをあまり飲まない私は尋ねた。
「どちらかというとお茶が好きだな。
母親はよくコーヒーを飲むから、それにつられて飲むことはあるけどね。
ちょっと背伸びしてみたかったんだ。」
と、冗談を交えながら答えてくれた。
「遼くん背伸びしたくなることあるんだね。」
私は笑いながら言った。
二人ともコーヒーといえば大人の飲み物というイメージも一致していた。
しばらくしてエスプレッソが二人分、角砂糖と共に目の前に置かれた。
エスプレッソを知らない私は淹れたてを飲んでみてビックリした。
とても苦い!
その苦さは小さい頃初めて飲んだコーヒーの比ではなかった。
あまりの苦さに遼くんに訴えたら笑われてしまった。
「エスプレッソはそういうものなんだよ。」
どうやら遼くんはコーヒーは苦手でもコーヒーの種類については私より詳しいようだ。
遼くんも頼んだエスプレッソをもうひと口飲んだあと「でも、この苦さは俺も苦いかな」と笑って言っていた。
私は角砂糖も何個か入れてみたものの苦味は変わらなかったが、このエスプレッソコーヒーが私と遼くんの話題のきっかけとなり、喫茶店でも楽しく過ごすことができた。

時計の針はもう夜の8時30分を回っていた。
今日楽しく過ごした時間に終わりが来ると思うと、このまま時が止まってほしいとさえ思う。
私の感情はもう決まっていた。
デートが始まるまでのときめきからもう恋が始まっていて、無意識のうちに遼くんのことが好きになっていたのだ。
「このまま時が止まってほしいなぁ。」
私は言った。
「俺も。いつか二人で夜明けまでどこかドライブでも行けたらいいよね。」
遼くんも同じ気持ちだった。
そう言ってくれたので次回のデートにも期待した。
「じゃあ今言ったこと、約束ね!私もドライブ好きだからさ。」
次のデートの約束をした。
今度も映画の予定で、土地勘のある隣町のショッピングセンターで落ち合う予定だ。
夜明けのドライブができる関係になるにはまだ時間がかかるけど、そう遠くないかもしれない。
家に帰ってきて、独りベッドに寝転がって今日のことを振り返った。
本当に夢を見ているかのような楽しい一日だった。
男の人と二人でデートをするのは初めてで心臓がバクバクしてたけど、遼くんは終始優しくてエスプレッソのことも笑ってくれた。
明日は月曜日。
同じ職場だけど部署が違うので遼くんと会うことは滅多にない。
しかし、今まで職場はただお金を稼ぐための手段として黙々と仕事をしていたが、遼くんと一歩近づいた関係になった今、職場のどこかで会えるかもしれないという期待感でいっぱいだ。
寝る前に湧き上がる月曜日の憂鬱感は、今日のデートですっかりなくなった。

明日は会えたらいいな。
そう思いながら私は眠りについた。

コメント