カツサンドが有名な珈琲専門店 ニューアストリア

【店舗情報】
店名:ニューアストリア
住所:大阪府豊中市新千里東町1-3-8 せんちゅうパルB1F
営業時間:8時~19時
サイト:http://www.senrichuou.com/tenpo.php?mise=8&k=c&c=108

 

千里中央駅といえば千里ニュータウンの中心にある交通の要衝で、大阪市内から地下鉄御堂筋線で一本で行けてバスに乗り換えると北摂地域にアクセスできます。
その駅のすぐ上にある珈琲専門店がニューアストリアで、昔ながらの喫茶店という雰囲気が漂っています。
この店はカツサンドが有名なことで知られ、私も友人から聞いていたため、千里中央駅で途中下車した際に立ち寄ってみました。
店内はレンガのタイルがあるなどまさしく洋風でレトロな雰囲気があり、カウンターとテーブルがあるため昔風の感じがしたものです。
私が立ち寄った時間帯は昼過ぎでしたが人が多く、カウンター席に案内されると厨房の向こうにはサンドイッチを作る場所がありました。
私が注文したメニューは定番のカツサンドとホットコーヒーですが、香ばしく焼かれたサンドの中には肉厚のカツが挟んでいたためこれだけでも感動したものです。
この店のカツサンドはかなり知名度が高く常連客も多いようで、昔ながらの雰囲気を味わいながら食べるとやはり記念に残ります。

 

ニューアストリアは駅構内の狭い場所にあるためテーブル席12席、カウンター席10席とこじんまりとしていますが、期待を裏切らないカツサンドはまさしく小さな巨人のような感じがしました。
店内はカウンターに食器が並べられ壁にはメニューやイベントのポスターがあるだけの無味乾燥なものですが、昭和の喫茶店のような雰囲気を味わえるため並んでいることも多いようです。
店内は外の通路からもガラス越しに見渡せるため通行人も見ていることが多く、テーブルが照明の光に照らされて独特の輝きを放っています。
店内は男性の店員が2名ほどで注文を受けるとテキパキと動いてコーヒーを淹れ、カツサンドなどを作る姿は見てて感動したものです。
カツサンドは大阪ではとんかつを使い専門店も多くあるため千里中央の名物となり、コーヒーとともに味わうとおいしくなります。
メニューはコーヒーやサンドイッチ以外はトーストやソフトドリンクなどで、種類は少ないもののカツサンドとコーヒーのセットを注文する利用客が多いようです。

千里中央は多くの店があり競争が激しい場所ですが、ニューアストリアはカツサンドの人気が高くて長年にわたって繁盛しています。
カツサンドといえば食パンをそのまま使いますが、この店はトーストして使うためサクッとした食感が人気の要因です。
コーヒーはいたって普通の味でしたが昔ながらの雰囲気を味わって飲め、カツサンドはボリュームがあるため何度召し上がっても良いと思いました。
カツサンドはグルメサイトでも評判が良く写真付きで紹介されていますが、期待を裏切らない味を楽しめて評判が良いことが特徴です。
カツはやはりサンドイッチにするとサクッとした食感が楽しめ、メニューが少なくても自信があると感じました。

ニューアストリアは千里中央駅の名物として同じ場所で長く運営され、ニュータウンの玄関口の駅にある昭和の喫茶店という雰囲気があります。
カツサンドは受験などのシーズンに注目されることが多いものですが、千里中央ではこの店で一年中食べられるためにビジネスマンを中心に定着していることが特徴です。
この店で食べて感じたことはできたてのカツサンドはやはり格別で、テイクアウトは意味がないと思いました。
大阪周辺は珈琲専門店が多くて独特のサービスを提供する傾向がありますが、この店のカツサンドは一味違うものがあり勝負をかけていると感動したものです。

 

千里中央は多くの店がありますがニューアストリアのカツサンドは格別で、コーヒーとともに味わうと良いと思いますよね。

コメント