カフェ ・ デ・ジターヌ古川店

どこからともなくコーヒーの香りが漂ってくると、店内に入らずにははいられない程コーヒー好きの私。

 
その日も、仕事の休憩のために青森駅前をフラフラとひとり歩き。 秋晴れの中、青森駅前の大通りから一本外れた、昔ながらの魚菜市場などが並ぶ通称「ニコニコ通り」を散策していました。
すると私の鋭い嗅覚が、どこからともなく漂うコーヒーの良い香りをキャッチ。その良い香りのする方へ誘われるままに足を向かわせると、 ブルーの扉と外壁が可愛らしい小さな小さなお店 へ。
青森に住むコーヒーマニアなら誰もが知っている「カフェ ・ デ・ジターヌ古川店」。
聞くところによると、名前の由来はどうやらフランスの有名タバコの名前のようだ。バッハコーヒーグループと看板にあるように、ここのオーナーさんは南千住の有名コーヒー店のあの「バッハ」で修行したんだとか。コーヒーマイスターの資格も所有する、 コーヒーの淹れ方ひとつとっても、他には真似できない技術を持ってらっしゃるお店です。
店内の豆はすべて自家焙煎だそうで 、この「豆」に対するこだわりも相当なものです。
小さな店内に足を一歩踏み入れると、 コーヒーの香りが濃厚に漂い、バール式(いわゆる立ち飲み)の店内は「ここはフランスか?」と錯覚するほど、さらにコーヒーへの期待感を高めてくれます。窓側に2席ほどカウンターチェアが置いてありちょっとした休憩には良いかも。ジターヌでは焙煎前に二度選別。焙煎後にさらに選別すると言う、徹底した豆の品質管理を行なっているそう。

 
どのコーヒーがおすすめなのかはコーヒーを知り尽くしたオーナーさんに聞くのが一番!ということで、期待に胸を膨らませ お店の名前のついたジターヌブレンドをオーダーしました。テイクアウトではない限り、店内ではそれぞれのコーヒーが、個性豊かな様々な美しい陶器のカップに注がれて出てきます。それもまた、この店でコーヒーをいただく楽しみのひとつでもあります。いよいよ待ちに待ったジターヌブレンド。

 

まずは香りで堪能します。
豊かで香ばしい香りが、私の嗅覚を刺激します。そしてひと口目。ほどよい酸味が口いっぱいに広がり、同時にまろやかさも感じられる非常にバランスの取れた美味しさでした。
他にも試してみたいコーヒーがたくさんありすぎて迷っちゃいます。ひとつづづ制覇していこう。う〜ん、これぞ至福のひととき 。「仕事頑張って良かった」と思える瞬間 。疲れがス〜ッと癒される良い時間でした。
カフェ・デ・ジターヌさんではコーヒーマイスターの育成のため、マスターコースを開催されていたり、ワークショップや出張セミナーなども定期的に行っていて、コーヒーの知識を多くに人達に広めるべく活動されているようです。

 

コーヒー好きの私としては、これは受講しておかねばならない講座ですよね。他にも、こだわりぬいた自慢のコーヒー豆をホームページのネットショップにて販売も行っています。遠くにいても、お家にいてもカフェ・デ・ジターヌさんの美味しいコーヒーを楽しめるって訳です。

 
ただ、ジターヌはバール式(立ち飲み形式)の小さな店内なので、ゆっくりまったり外を眺めながらコーヒーを楽しみたいひとには、ちょっと難しいかも。オーナーさんとコーヒーについてじっくり語り合いたいあなたにはぴったりのお店ですね。
大通りから一本外れた通りに面しているため、初めて訪れる人にはちょっと分かりにくい立地ではありますが、青森駅前にショッピングや送迎のついでに、ふらっと立ち寄るのも良いですね。
店舗情報はこちら
「カフェ・デ・ジターヌ古川店」 青森県青森市古川1丁目1-5
TEL:017-723-0175  URL:http://cafe-gitanes.com/

コメント