ギリシャのコーヒー

私が住んでいるここギリシャでは コーヒータイムがとても重要だ。
ギリシャ人はこよなくコーヒーを愛している。いや、コーヒーを飲む時間を大切にしているとも言えよう。
世界にはたくさんの種類のコーヒーがあるが、ここギリシャでは大体4種類のコーヒーがメインだろう。
まず、若者に人気のあるフラッペ。
フラッペと聞いて日本人はスターバックスのフラッペを想像するであろう。しかし、此処ギリシャではフラッペと云えば ネスカフェなのである。作り方は至って簡単だしシンプルだ。
まず、グラスに少々の水、ネスカフェ、砂糖(もしも必要であれば)を入れて専用のマシンで泡立てる。そこに氷を3、4個入れ静かに水を注ぐ。
好みで牛乳を入れる人もいる。
言い忘れたが、此処ギリシャではコーヒーは作るときに好みをオーダーする。スケト(無糖) メトリオ(微糖) グリコ(甘い)この3つに分かれる。そして 牛乳を入れるかどうかも先に伝える。
話は戻るが、このフラッペクリーミーな味わいで結構インスタントでも侮れないクセになるコーヒーであります。ストローを差して頂きます。
そして、2つ目は皆が知っているお馴染みのアメリカンタイプのフィルターコーヒー。スーパーでは、バニラ、マカダミアナッツ、チョコレート、キャラメルなど風味にもバリエーションがあってこれ又その日の気分で色々な味が楽しめるコーヒーです。
ギリシャ人は沢山の人が集まったときにこのコーヒーを飲んでいるような気がします。確かに沢山の人数にはフィルターコーヒーは便利ですよね。
3つめはフレッドカプチーノ、フレッドエスプレッソです。
このコーヒーは殆んど外のカフェで飲みます。家で作るには少し手間がかかるのと専用のマシンが無いと少し難しいと思います。
まずは専用のマシンでエスプレッソを作り甘さ加減を伝えます。
その後ダイエットミルクたる牛乳をマシンに設定し泡立てます。
エスプレッソを氷入りのグラスに注ぎかき混ぜ、最後に泡立てたミルクをコーヒーの上に注ぎます。これがフレッドカプチーノです。このミルクはフルファットのミルクでは泡が立たないのでご注意を。
そして、このミルク無しのコーヒーがフレッドエスプレッソです。
ここ3年ほどこのフレッドカプチーノやフレッドエスプレッソが若い人達の間で爆発的な人気を得て今日まで支持されています。
カフェテリアで座って飲んでもいいですし、テイクアウトして歩きながら飲んでいる人も沢山見受けます。
少し前のフラッペブームを見事に打ち消したギリシャ人にしてみたら衝撃的なコーヒーの参上だったのかもしれません。
まだまだ、フレッドカプチーノの勢いは止むことを知らないでしょう。
もしかしたら、フラッペを抜いて若者の間ではもっともポピュラーなコーヒーとも云えるでしょう。
そして、最後一番長い歴史としてギリシャに根付いているコーヒーはエリニコと云われるグリークコーヒー一般的に有名な言い方だとトルココーヒーと言った方がポピュラーでしょうか。
このエリニココーヒーギリシャ人に云わせると、トルコよりギリシャが先だ!と、血相を変えて言い張ります。
元はきっとトルコとギリシャの境アレクサンドロポリと云う場所が発祥だった様な気がしますが、それは元より日本人にはきっと飲んだことの無いコーヒーの一つだと思います。
ギリシャコーヒーの粉は普通のコーヒーの粉よりもとても細かく挽いてあり、サラサラで粒が見えないのが特徴です。

しかも 他のコーヒーよりも少し酸味が利いているような気もします。

作り方は、まずブリキと云う小さい鍋のような物にコーヒーカップで計った水を入れコーヒーの粉を大体カップの数プラス1杯多めにブリキの中で溶かします。最初に書いてあるように此処でも砂糖は先に入れます。ですから甘さが違う人のコーヒーは又別に作らなければなりません。かき混ぜながらコーヒーが煮えてフワッとふいて来ます。これをギリシャの人はカイマキと呼び一番美味しいコーヒーの要素となります。
コーヒーカップにカイマキがなくならないようにそっと注いで出来上がりです。しばらく時間を置いてから頂きます。何故なら出来立てのエリニココーヒーは未だコーヒーの粉が落ち着いておらず飲むと喉に粉がまとわりつき余り美味しいと感じないからです。
コーヒーの粉がカップの底に沈殿した所で、上澄みをすするように飲みます。ギリシャの年配層の方はどちらかというとこのコーヒーを好み朝昼夕晩と一日に数回飲みます。そして大抵のこのエリニココーヒー好きは必ずと云っていいほどビスケットやケーキなど一緒に食べる人が多いと思います。そして飲み終わったコーヒーカップを皿の上にひっくり返して占いをする人も少なくはありません。得にコーヒー占いに詳しい人が居るとかなりの率でズバリと当たる事が多いようです。
ギリシャ人とコーヒーの関係は切っても切れない日常の一コマであり、又、友達や家族とのコミュニケーションをとる手段の一つでもあると思います。そして若者は仕事が終わり家に戻り食事を済ませ、夕方外出して友達とカフェテリアでカフェを楽しむのが一般です。
日本はお茶やコーヒーは休憩ですが、ギリシャでは楽しむのがコーヒータイムで有るような気がします。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA