コーヒーが健康にもたらす効果

最近はコンビニでも淹れたてのコーヒーを気軽に飲めるようになりました。

コーヒーが生活の必需品になってる人は多いのではないでしょうか?朝眠気覚ましに飲む人や、仕事の休憩中にリラックスするためなど、様々なシチュエーションで飲まれていると思います。

最近の研究ではコーヒーを飲むことで様々なメリットがあることがわかりました。
まず一つ目は、コーヒーを1日3~4杯飲む人は死亡リスクが下がるということです。日本人に2人に1人はガンになると言われています。そのガンになる確率を減らす役割がコーヒーにはあることがわかったのです。
またガンと同様に死亡リスクの高い病気の一つに脳卒中がありますが、これもコーヒーに含まれるポリフェノールによってリスクが軽減出来るそうです。
このような病気の予防するには、習慣的にコーヒーを摂取することが必要になります。
しかし多くコーヒーを飲み過ぎてしまうと体を守る役割がなくなり逆効果になりますので、1日に3~4杯が適量になります。

そして二つ目はダイエット効果です。
コーヒーに含まれるクロロゲン酸類には脂肪燃焼効果があると言われています。
体脂肪を減らす目的でブラックコーヒーを活用するアスリートも結構いるみたいです。運動前に摂取するのが効果的です。

こんなにメリットがあるコーヒーですが、もちろんデメリットもあります。

まず、胃が弱い人や飲み過ぎてしまうと、胃が荒れてしまいます。これはコーヒーの飲み過ぎで胃液が過剰に分泌され、そして胃の粘膜が傷付くことで胃の不調を引き起こします。
本来は消化を助ける役割があるのですが、やはり飲み過ぎでしまうと急性胃炎、胃痛、胃もたれなどの症状が出てきます。

また妊婦の方も注意が必要です。飲み過ぎでしまうと赤ちゃんにも影響を受けてしまいます。どうしても飲みたい人はノンカフェインコーヒーなど多く売られているのでそちらをオススメします。

そしてコーヒーに含まれるカフェインは睡眠にも大きく影響します。カフェインは交感神経を刺激するため、アドレナリンが増えます。つまり血圧や脈拍、血糖値も上昇するため目が冴えて興奮状態になります。

カフェインの効果が続くと言われている4時間は時間をあけてから就寝したほうがいいです。
しかしカフェインの耐性は人それぞれで、寝る前にコーヒーを飲んでも熟睡出来る人もいれば、昼間飲んだ為に夜寝れないという人もいますので、ご自身の耐性を見極めましょう。

コーヒーがもたらすメリットとデメリットをあげていきましたが、気を付けて飲めばメリットのほうが断然多いと個人的には思いました。
コーヒーの味と香りを楽しみつつ、健康的になれたら最高ですね。

コメント