コーヒーが大好きです。

私、前世がブラジル人ではなかったのかと思うほどコーヒーが好きです。コーヒーなしでは生きていけないと言っても過言ではないでしょう。
一時期こだわり過ぎて自宅で生豆を焙煎してたこともあるほどです。さすがにコーヒー豆の栽培にまで手を染めませんでしたが旨いコーヒーが飲めると聞けば県内はもちろん県外にまで足を伸ばしたこともあります。

基本ブラジルサントスが好みですが酸味の強いグァテマラ、ハワイアンコナがほしくなったりします。それでもそれなりのお店でそれなりのコーヒーを飲むためには時間と労力と費用がかかります。

そんな庶民の味方がコンビニコーヒーです。およそどの店でも1杯100円と缶コーヒーより安い価格で飲むことができて町の喫茶店よりもはるかに安いのでいうことなしです。参入するコンビニが増えたことにより、味も洗練され、どこのコンビニでも手軽に美味しいコーヒーが飲めるようになったのは便利で財布にも優しいのです。

いまや喫茶店でコーヒーを飲むことは人と待ち合わせした時しかないほどになりました。それでも1日にかなりの量のコーヒーを飲むのですけれど。

自分のこだわりはコーヒーの味と香りを楽しみたいから、ミルク砂糖不使用でいつもブラックで飲むことです。ブラックコーヒーに塩をひとつまみ。これが俺流なのです。

初見の方はだいたい驚かれますが、塩をほんの少し加えることで渋みが消え、豆本来の味が楽しめるのです。さすがにコンビニでコーヒー買って塩までは要求しませんが、専門店でも塩をくれとか言ったりするので煙たがられます。実は10代の頃大人ぶりたくて飲み始めたコーヒー。

今でもちょっと気取りたい時の必須アイテム」です笑
カッコつけアイテムではなく、喉が渇いた時に清涼飲料水ではなくコーヒーを欲してしまうほどの根っからのコーヒー好きな私なのです。

コメント