コーヒーで偏頭痛対策

現在、日本では偏頭痛に苦しんでいる人が人口の5パーセント程度いることが最近の調査で明らかになっています。

頭を締め付けられるような痛みが伴う偏頭痛は、ひどい時はめまいや吐き気を伴い、仕事にも大きな障害となっている人も多くいます。

頭痛の症状が現れる度に薬を飲むという人も沢山いらっしゃると思いますが、実は偏頭痛にはコーヒーが効くということを知っている人は意外に少ないです。

まず、偏頭痛とは頭の血管が血液によって膨張させられ、脳の神経を刺激することによって痛みが出る頭痛のことです。偏頭痛の対策としては頭を冷やして血管の膨張を抑えるという方法が一番に考えられますが、外出時や仕事中などはなかなか頭部を冷やすことができない場面が多々あります。

 

そのような時に効果的なのが「コーヒーを飲む」という対策なのです。コーヒーならば仕事中でも気軽に摂取できますし、移動中でも自動販売機などで気軽に購入することもできます。コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮させるという効果があるため、血管の膨張によって圧迫された神経の痛みを緩和させることに繋がるのです。

また、コーヒーのよい香りには適度なリラックス効果があり、興奮を抑えることができます。特に過度な興奮状態によって偏頭痛が引き起こされるという人にとってはかなり効果的だといえるでしょう。
しかし偏頭痛対策としては注意しなくてはならない点もあります。それは決して「飲みすぎてはいけない」ということです。何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」と言われるように、コーヒーの飲みすぎは逆に頭痛を助長してしまう可能性もあるといわれています。

実はカフェインによって収縮するように促された血管が反作用のような働きを起こして逆に膨張してしまうという現象が医学的に確認されているのです。

なぜこういうことが起こるのかというと、カフェイン自体に若干の興奮作用があるため、コーヒーの飲みすぎによって身体が拒否反応を起こしてしまい神経が正しい働きをしなくなってしまうためであるといわれています。ですから、偏頭痛を和らげるためにコーヒーを飲む場合は、決して飲みすぎてはいけないということになります。

コーヒーが好きで一日に何度も飲むという人は特に気をつけなくてはいけません。しかしカフェインを摂取しすぎることがなければ、コーヒーは健康にもよいですし頭痛にも効果があるという優れた飲み物です。

日常的に頭痛に悩まされているという人には是非ともお勧めしたい対策といえます。

コメント