コーヒーで意識を切り替える

コーヒーを楽しむことの一つに、習慣づけがあると私は考えます。

 

私の場合、朝起きて一番に飲むコーヒーと、仕事中に飲むコーヒーはブラックと決めています。
ブラックという味が特別好きではないけれど、その味が自分の意識をきりりと引き締めてくれる気がするのです。
昔は飲めなかった苦いブラックコーヒーも、意識を切り替えるためのツールの一種だと考えるようになってからは、無理なく、美味しく飲めるようになりました。
今では朝一番にブラックコーヒーが飲めないと、一日最初のエンジンがかからない気がして「ちょっとブルーだなあ」と思ってしまうほどです。

 

と言うのも、私は睡眠に問題を抱えていて、しっかりと睡眠を取っても仕事に支障が出たり、朝起きたい時間に起きられなかったりという日々に頭を悩ませていました。
病院でお医者さんから「精神的なものだね」と言われ、焦らず、気長に治療していくことを数年続けていますが、未だに自分の満足いく時間に起きれることは稀なのです。

 

そんな体たらくでもお仕事が続いているのは、このスイッチの切り替えに用いているコーヒーのおかげだと私は考えています。
「今は活動時間だよ」
「今はお仕事中なんだよ」
と、コーヒーを飲む時に意識出来る時間を作れることが、今の私の活動を支えてくれているような気がします。
勿論、お医者さんから頂くお薬も効果があると思っているのです。
しかし、“自分の意識”という点では、コーヒーの独特の苦味が、私を叱咤してくれているんです。
変な話ですよね。
でも、私にとっては大切で、好きなコーヒータイムの一つです。

 

この間少し調べてみたら、コーヒー、それもブラックコーヒーには脳の活性化効果があると読みました。
でもカフェインの効果って、それだけではないのだそうです。
強心作用。私、心臓も弱いので、知らず知らずのうちに良い物を飲んでいたんだな、と嬉しくなりました。
適量摂取で健康にも、美容にも良いとされていることを調べてからは、尚更コーヒータイムが好きになりました。
特別好きでもない、と言ったブラックコーヒーなのに、現金なやつですよね。

 

朝一番のコーヒーと、仕事中のコーヒーはブラックと決めているのですが、それ以外のコーヒーは甘いものが大好きです。
お昼ごはんのお供にカフェモカですとか、お菓子のお供にカフェラテですとか。
酷い甘党なので、甘いコーヒーは頑張った自分へのご褒美という意識で飲んでいます。
この時、甘いもの+甘いもののコンボなのですが、ケーキが一緒だと尚のことテンションが上がってしまいますね。
ご褒美かつ、「残りの仕事も頑張るぞ!」という意識の持続に重宝しているのです。

このように私は自分の意識の切り替え、及び自分へのご褒美としてコーヒーを飲むことを習慣づけています。
それは事前に効用があると分かっていて始めたものではなく、ただコーヒーの苦味が眠たい気持ちをはっきりとさせてくれているからこそ頼りきりになった習慣でした。
それが効用を知った今では、コーヒータイムを楽しみに、(起きられる時間は相変わらずコントロール不可ですが)起きることが出来るようになったのです。
コーヒーのあの香りが大好きです。
香ばしいような、あの独特の香りを嗅ぐと、「頑張らないとな」なんて無意識に思えるくらいには、今の私にとってコーヒーは大切な存在なのです。

 

とは言うものの、私は至極面倒くさがりな性格なので、自分でコーヒー豆を挽くことは滅多にしません。
ミルのハンドルをくるくる回して、あの“ガリガリ”という手の感触と音を楽しみたいとは思うのですが……。
本当に気分が良くて、「今なら何でも出来そうだ!」と元気ハツラツな時以外、ミルはインテリアになり、コーヒー豆は冷凍庫に眠っています(長期保存するしかないくらい、たまにしか挽かないのです……)。

 

そんなずぼらな私でも、コーヒータイムは楽しみなんです。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA