コーヒーとクリーム・砂糖

コーヒーを飲むとき、ブラックで飲みますか。クリームを入れますか。

もちろんブラックという方もおられると思いますが、クリームやシュガーを入れるとまた違った風味を楽しめます。
入れるものにもこだわると、コーヒーの持つ香味をさらに広げて味わうことができるんです。
ですから、クリームやシュガーを使う時にはコーヒーの風味を損なわないものであることが基本となります。

とくにコーヒークリームにはいろんな種類がありますが、カフェなどでコーヒーを注文して一緒に出てくるクリームやシュガーを見ると、コーヒーに対するこだわりの有無を感じることがあります。
コーヒーは美味しいけど、このクリームはちょっと合わせたくないな、と思うこともあります。
コーヒークリームを入れて、よりコーヒーが美味しく飲めなくては意味がありません。

コーヒークリームには、動物性と植物性のクリームがあります。
動物性クリームは、乳脂肪を使った新鮮なクリームから作られているので、苦味の強いストロングタイプのコーヒーによく合います。
反対に植物性クリームは、大豆などの植物油を乳化させてクリームにしたものなので、あっさりめのマイルドタイプのコーヒーなら合うかもしれません。
でもこの植物性クリームは、もともとコーヒーとの相性があまりよくありません。

コーヒーにいちばん合うのは、断然生クリームです。
乳脂肪分が高いものほどコーヒーとよく合うかもしれません。
コーヒーのローストが深煎りだと、そのまま入れてもコーヒーの風味を損なうことなく、きれいに溶けるので美味しいですよ。ローストが深くないコーヒーだと、生クリームの味のほうが強く感じるかもしれないので、生クリームと牛乳を割ったものにするとちょうどよいバランスになります。

でも生クリームってあまり日持ちしないし、値段も高いですよね。毎回生クリームを使って飲むのは少し気が引けるかもしれません。

そんな時は牛乳をおすすめします。少し多めに入れてもコーヒーの風味を損なわずにまろやかなコーヒーが飲めますよ。

あと粉末のクリームもありますね。あれは、生乳から分離したクリームの成分を均一にしたもので、よりマイルドな風味を生かした味わいになります。

ベトナム式コーヒーでは、コンデンスミルクが使われるのをご存知でしょうか。
甘味がとても強いので、どちらかと言えばデザート感覚で飲むコーヒーになります。

お店でもよく見かけるのがポーションタイプのフレッシュミルク。
長期保存できるメリットがあるのでいろんなお店で使われていますが、こだわりの1杯を楽しみたい時は、おすすめできません。

経験がある方もおられると思いますが、コーヒーにうまく溶けてくれない上に植物性クリームの油が浮いてしまうので、コーヒー本来の香味がちゃんと味わえないのが原因です。

お砂糖にもいくつか種類がありますが、深煎りコーヒーにはお砂糖がよく合うんですよ。
同じようにコーヒーの風味を損なわないものとなると、品の良い味が特徴の上白糖やグラニュー糖がおすすめ。とくに、香りにインパクトのあるコーヒーを楽しむなら、クセのない甘さのグラニュー糖がいいですね。カプチーノやラテなどのミルクとアレンジしたドリンクには、独特の味がある黒砂糖なんかが意外と合うんです。

美味しいコーヒーを目の前にして味わう時、1杯めはブラック、次はクリームを入れて、さらに砂糖も入れて…と、いくつか試してみると、かなりのコーヒー通な飲み方ができるんじゃないでしょうか。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA