コーヒーとスイーツのフードペアリング①

最近では【フードペアリング】という考え方が出てきております。簡単に言うと食べ物や飲み物の相性のこと。

この食べ物と飲み物の相性が良い状態であることをワインの世界ではマリアージュと呼んでます。

今回はこのオススメのコーヒーとスイーツの【フードペアリング】をご紹介します。

チョコレートや洋菓子にコーヒーっていうのは定番かもしれませんが、 実はとってもよく合うコーヒーと和菓子。

この関係にはちゃんと理由があるような気がします。 たとえば「塩まんじゅう」や「桜餅」。

コーヒーの程よい苦味には、あんこに塩気が入ったものが相性バツグン! 桜餅は、塩漬けにした桜の葉で包んであるので、さっぱりした余韻の甘さとコーヒーの苦味のお互いが、ちょうどいい感じに調和し合って味わえるのですごく美味しい!

酸味や甘みのバランスがとれた、あまり深煎りすぎないローストのコーヒー豆と合わせて食べるのが理想かもしれません。

塩まんじゅうには、味わいのしっかりしたバランスのいいブラジルの豆なんかおすすめです。

桜餅のようにちょっと香りがあるものには、フローラルな香りが特徴のエチオピアやグアテマラも合うかもしれませんね。

最近では、”コーヒーに合うお菓子”に限定して販売されているものもありますが、 「揚げせんべい」もコーヒーと良く合うお菓子のひとつ。

サクサクと軽い食感が美味しい揚げせんべいには、ホットコーヒーもいいですが、せんべいで乾いた口の中をさっぱりさせてくれるアイスコーヒーならさらにごくごく美味しいです!

ちょっとガムシロップやクリームを入れると、揚げせんべいのほのかなしょうゆ味とも最高の組み合わせに!夏ならもちろんアイスコーヒーで決まりですね。

あと、アイスコーヒーに合う食べ物といったら、スパイス系のもの。 カレーのようなスパイスの刺激のあとの1杯はたまらなく心地いいものです。

コーヒーとの組み合わせではずせないものと言ったら、やはりパンではないでしょうか。 パンでも実にいろんな種類があります。 よく、コーヒー牛乳×クリームパンのゴールデンコンビと言われるように、好みはありますが、 カフェラテやカフェオレなどのミルクが入ったコーヒーとよく合うような気がします。

パンの生地がミルクと相性がいいからなんでしょうか。 他にも焼き菓子やマフィン、スコーンなど粉ものの生地がメインのお菓子には、合わせることで食感を引き立ててくれるコーヒーは欠かせない存在かもしれません。

最後にとっておきの相性のよいお菓子をご紹介します。

いちごが丸ごと入った「いちご大福」です! これは本当に最高の組み合わせなんですよ。

よく、コーヒーを飲んで感想を言うときに、酸味をフルーツに例えることがあります。 (※ 参照 http://coffeecircle.net/美味しいコーヒーの買い方#more-6

だから合わせるコーヒーも、ブラックがいちばんおすすめの飲み方。

フレッシュないちごの甘酸っぱさと餡の甘み、そしてやわらかいコーヒーの酸味が溶け合うと、なんともフルーティーで絶妙な余韻が楽しめるはずです!

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA