コーヒーとチョコと彼が教えてくれた幸せの瞬間

私はずっとコーヒーが飲めませんでした。
苦くて酸っぱい味のどこが美味しいのかわからず、いつも誰かの横で、そっと流れてくる香りを感じているだけでした。
でもコーヒーの香りは大好きです。カフェの扉を開けた瞬間に私の体を包み込む香り。
あの一瞬のために、カフェの扉をまた開けたくなるのです。

結婚するまでコーヒーを淹れたことはありませんでした。いつも家で飲むのは紅茶ばかり。
でも主人はコーヒー派。
仕事で疲れて帰ってきた主人に「うまい!」と言ってもらえるコーヒーを淹れてあげたい。
そう思うようになりました。
どうせやるならこだわりたい。いつか見たカフェでのハンドドリップ。
私の中のコーヒーと言えばそれ以外はありませんでした。

早速道具を揃えます。
まずはコーヒーミル。手動と自動。手動の方が楽しそうだけど…面倒で続かなかったら意味がないからここは自動で。
次はドリッパー。ステンレスフィルターなら紙がいらないからエコかな?そんな安易な考えでこれに決定。
そしてドリップポット。ここはやっぱりステンレスしかないでしょう。

あとは近所のお店の人に、コーヒー豆のについて相談。
あれこれアドバイスをいただいて、スッキリ飲みやすい豆を選びました。

主人に初めて出す前に練習しよう。
そう思って本で勉強した通りに淹れてみます。
ミルで豆を砕くと、あのとってもいい香りが部屋中に漂います。私は深くそれを吸い込みながら深呼吸しました。
そして、そーっとお湯を注ぎます。すると、ぷーっとコーヒーの粉が膨れていきます。
あれ?なんだか癒される。不思議とワクワクします。
カップに注いだコーヒーを、一口だけ味見に飲んで見ました。
もう何年も飲んでいないあの味を想像しながら。

えっ!?そんなに苦くない。苦味はあるのにさっと引いていく感じ。もう一口飲みたい。
結局一杯のコーヒーを気がつけば飲み干していました。

その夜、主人にコーヒーを淹れてあげながらその話をすると、
「大人になったね。それもブラックで飲めるようになるなんて。コーヒーを淹れてくれたお礼に明日はお土産を買ってくるね。」そう言ってくれました。

次の日仕事帰りにデパートに寄って、ロイズの生チョコを買って帰ってきてくれました。
夕飯を済まし、お風呂も入り、いよいよコーヒータイムです。
ハンドドリップで淹れたコーヒーに生チョコを添えていただきます。
まずはコーヒーを一口。
苦味と香りを楽しんだ後に、チョコをお口に放り込みます。パクリッ。
「うん!?…何これ、チョコの甘みがいつもより美味しく感じる!」
初めてのブラックコーヒーと生チョコの組み合わせに感激です。みんな今までこんな美味しい組み合わせで食べてたの?今まで知らなかったなんて悔しい。

主人の顔がニヤニヤしていてなんだか自慢げです。
うー、悔しいけれどこれは完敗。
コーヒーってこんなに美味しいものなんですね。
昔は子供だったのか、ただ苦い飲み物だとしか思えなかったのに。

彼に出会い結婚して、初めて出会ったコーヒー。
自分で淹れるコーヒーは私にとって一番リラックスできる幸せの瞬間になりました。
今では毎日ドリップして飲んでいます。
主人がいない間も一人で至福の時を堪能中。
内緒ですが、コーヒーとチョコの組み合わせが忘れられず、我が家にはいつでもチョコが常備されてます。
毎日は太るからダメ。なんて彼には言ってますが、お昼間に私はついつい…手が伸びちゃいます。

本を読みながら、淹れたてのコーヒーとチョコを味わう。
結婚して良かったなと思う瞬間。
たまに行くカフェも素敵だけど、今は我が家で淹れるコーヒーに癒されています。

かつての私がそうだったように、
彼が玄関を開けた瞬間、あの香りが体を包み込み、疲れた体を癒してくれますように。
「ただいま。」
「おかえりなさい。」

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA