コーヒーと将来の2人の夢

私は昔はコーヒーがとても苦手でした。
見た目は黒いし苦いし体に悪そうなイメージしかなかったからです。コーヒーよりもオレンジジュースやクリームソーダなどの甘いものが好きだった子供でした。

そんな私でしたが両親がよく小さい頃から喫茶店へ一緒に連れて行ってくれていたので美味しそうにコーヒーを飲みながら談笑している両親の姿をみていると、大人になれば美味しく感じるものなんだろうなーと子供ながらに思っていました。

そんな私はコーヒーは苦手でしたが喫茶店独特の匂いは好きでした。コーヒーの匂いをかぐと大人になった気分になれたので喫茶店にはしょっちゅうついて行っていました。
でもその頃は両親と喫茶店へ行ってもケーキとジュースばかり頼んでいた記憶があります。大人はこのコーヒー美味しい!と嬉しそうに話してたのを覚えていますが興味はありませんでした。

そんな私もコーヒーを飲むようになったのは両親がペンションに連れて行ってくれたのがきっかけでした。大学生になり紅茶が好きでよく紅茶を飲んでいましたが、そこのペンションには紅茶はなくコーヒーのみだった為、試しにコーヒーを飲んでみたのですが、そのコーヒーがとても美味しかったのを今でも覚えています。

そのコーヒーは少し高価でしたが初めて美味しいコーヒーと出会った瞬間でした。
ここのコーヒーを飲んでからは両親と喫茶店へ行ってもコーヒーも飲むことが増えました。

コーヒーを飲むことが増えていくうちにコーヒーについて研究するようになり、小さい頃は健康に悪そうと思っていたコーヒーも実は意外と健康にいいものだということが分かり、ほぼ毎日コーヒーを飲むようになりました。

コーヒーを飲んでからは便通も良くなりました。集中したい時やちょっとリラックスしたい時などコンビニに行ってコーヒーを買ってみたりすることも増えました。
この頃から本格的にはまりはじめ、両親以外とも喫茶店へ行くことが増えました。

大学に入り成人を迎えるとお酒を飲む機会が増えましたが、お酒よりコーヒーが飲みたいなと思うようになっている自分に驚きました。

友達とおしゃれなカフェでコーヒーを飲んだりする事も自然と増えてきました。
気づいたらカフェ巡りをするようになり1人でもカフェに出向いてはコーヒーの飲み比べをしていました。多いときは1日に3軒まわることもありました。

両親も喫茶店が大好きなので私がコーヒーを飲むようになってからは前よりも良く喫茶店へ連れて行ってくれました。

夜に急にコーヒーが飲みたくなり深夜まで営業をしているコーヒーにかなりこだわりのあるオーナーがいる喫茶店を見つけたので一緒に行ったこともあります。

そのときは濃いめのコーヒーを飲んだせいか胃の調子を崩したのをよく覚えています。美味しかったのですがついついブラックで飲んでしまい夜中のコーヒーに今びっくりしたようでした。
さすがにしばらくはコーヒーを控えていましたが1週間ほどでまたいつものペースで飲んでいました。

自宅でインスタントで飲むこともありましたが、やはりインスタントコーヒーよりも喫茶店でのんびりといつもと違う雰囲気を味わいながら飲むコーヒーは格別でした。

現在もコーヒーをいろんなところで飲んでいますが、私の中のベスト1は昔、両親と一緒に行ったペンションのコーヒーです。残念ながらそのお店は最近閉店となってしまいました。このペンションは遠い所にあった為、一年に2、3回行けたらいい方でなかなか行くことができませんでした。
でもよく来店していたのでお店の方も覚えていてくださりどこのコーヒー豆を使っているのか教えてくださりこのお店で販売してるコーヒーを来店するたびに購入していました。

でも自宅で同じ豆で飲んでみても味が違いました。砂糖やミルクにもこだわっていた店なので自宅で飲むには工夫が必要でした。

このお店が閉店してから幾度となくいろんなカフェに行ってコーヒーを飲んでみましたが
まだまだ納得のいくコーヒーに出会えていないので、今はそこを超えるコーヒーを探しているところですがなかなか見つかりません。

恋人ができたらそのペンションで一緒に美味しいコーヒーを飲もうと思っていました。そのペンションでは貸切で結婚式も挙げることができるのでいつか絶対!と思っていたのでなおさら残念でした。
時々美味しいコーヒーに出会うとこのペンションを思い出します。

そこまでコーヒーが好きになった私は今は同じようにコーヒーが大好きな恋人ができ、喫茶店で3時間のんびりただコーヒーを飲みながら過ごすこともあります。夏場はアイスコーヒーの美味しいお店へわざわざ遠征したり恋人と飲むコーヒーはまた違うように感じました。
恋人にもこのペンションの話をすることがありましたが閉店してることを知ると残念そうにしていました。でもこのペンションの話を共有できて幸せに感じました。

恋人と観光スポットへ行くたびに1回休憩しに喫茶店へ行っていました。
移動してまた違う観光スポットについてはまた喫茶店で休憩する恋人とはとても気が合い、デートの待ち合わせで遅れてきても文句も言わずカフェで待っていてくれたりとお互いコーヒーは切り離せない存在です。
コーヒーの話題も多く一緒にコーヒーを楽しむことができて幸せを感じる日々を過ごせました。
その時一緒にコーヒーを飲んでいた恋人とは数年前に結婚し、今も一緒に変わらずコーヒーを飲みに行っています。というより、以前より飲む回数が増えました。

結婚してからは旦那様がドリップしてくれたコーヒーを飲んだり時間をかけて作ってくれたダッチコーヒーを飲んだりとさらにコーヒーを飲む機会が増えました。
旦那様は私よりもコーヒーへのこだわりが強く私も知らなかったコーヒーミルなどのコーヒーを美味しく飲むための道具を沢山見せてくれました。手引きのミルでコーヒーを飲むととてもコーヒーに愛着が湧きます。
それからはあまりインスタントは飲まなくなりドリップして飲むことが増えました。

今ではお互いが休日の朝は『モーニング行こうか!』が合言葉になっているぐらいお互いコーヒーが好きなので家にもコーヒー豆がかなりストックしてあります。

ちょっと珍しいコーヒーを見つけるとすぐ買ってしまう私ですが、それに対して文句を言われることは一切なく一緒に飲んでくれるので嬉しいです。

そんな私たち夫婦はコーヒー好きなので将来カフェを開きたいね。と話をすることもあります。カフェ巡りをしていると時々、老夫婦の方が定年後に夢だったカフェを夫婦でオープンしたという話を聞くことがあり将来仕事を退職した後、私たちもそんな風に大好きなコーヒーに囲まれてこだわりのコーヒーを提供できたらなと思うようになりました。未だに昔行ったペンションのコーヒーを超えるコーヒーに出会えていないので、それならば自分たちでしてみるのもいいかもと思っています。仕事に疲れた時はカフェに行ってコーヒーの道具や入れ方のスタイル、雰囲気を存分に味わいながら将来のカフェオープンに向けての勉強をしています。

旦那様と結婚し新婚旅行にヨーロッパへ行った時は日本とのコーヒーの感覚が違いまたまた勉強になりました。日本のカフェスタイルも好きですが私たち夫婦はヨーロッパスタイルが気に入ってしまい、今はヨーロッパのカフェについても研究中でお給料のほとんどがコーヒーに消えてるのでは?と思うぐらいコーヒーに貢いでいます(笑)
これは将来の投資になるといいなと思っています。

新婚旅行後に子供を授かりしばらくカフェインは取れないためコーヒーはほとんど飲まないようにしていましたが、時々コーヒーを飲むとすごくら美味しく感じ、リラックス出来ていたので気のせいかコーヒーを飲んだ時はよく胎動を感じました。もしかするとカフェインが悪影響したのかな?と不安に思いましたが、医師に確認するとお母さんがリラックスしてる時は喜んで動いてるのかもねと言われコーヒーも大量でなければ心配ないと言われホッとしたこともあります。

そんな私も母となり子供も少し大きくなってきましたが昔の私のようにコーヒーの匂いをかぐのが好きなようで、コーヒーを飲んでいると近寄ってきて匂いをかぐような様子が見られます。まだ飲ますことはできないので誤飲しないように気をつけていますが、いつか子供がコーヒーを飲めるようになればまたまたコーヒーを飲む機会が増えるだろうなと今から覚悟しています。

あんなにコーヒーが苦手だった私がここまでコーヒーに囲まれる生活になるとは全く思いませんでした。でも今はコーヒーがない生活は考えれません。胃腸炎になっても医師にコーヒー飲みたいと言って注意されたぐらいのカフェイン中毒になってしまったようです(笑)旦那様も水分補給ー!と言いながらコーヒーを飲む人なのでお互い似た者同士だなーと実感します。

そんな2人が将来カフェを開いたらどんなコーヒーを提供できるのか想像するとワクワクするのと不安が入り混じっています。
コーヒーだけでなく器や雰囲気、一緒に出すお菓子等も勉強しないとなと感じています。
今はまだ漠然とした夢ですが、これから数十年先の未来に期待しながら今はコーヒーを楽しむ毎日を過ごしたいです。

今ではコーヒーを飲む時間は旦那様とのかけがえのない憩いの時間となっています。
それと同時に将来に向けてのコーヒーの勉強の時間を共有する時間でもあります。将来、こだわりのコーヒーショップ経営できるといいなと思っています☆
そして子供がコーヒー好きになって私たち夫婦が経営する喫茶店にバイトで入ってもらってたまにしかったりしながらも楽しい生活を送れたらいいなと思っています。

コーヒー嫌いだった私がコーヒー好きに転心しコーヒー好きの旦那様と一緒にコーヒーショップを経営できる日が来ることを願いつつ、あの時のペンションのコーヒーの感動を味わいたいがためにカフェ巡りも継続したいと思います。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA