コーヒーの代表的な抽出方法と味の違い

コーヒーの中でも、今回は抽出方法に着目して、一般的に有名なペーパードリップ、サイフォン、ネルドリップ、マシンによるエスプレッソ抽出のそれぞれの抽出方法の概要と同じ豆でもドリップ方法の違いによる味の違いについても書きたいと思います。

まず、ペーパードリップというのは、紙でできたフィルターにコーヒー豆をいれ、その上からお湯を注いでコーヒーを抽出する方法で、かなり広く一般的に行われている抽出方法です。簡単でお手軽なのですが、本当においしいコーヒーを入れるためには相当の技術を要します。

そして、ペーパードリップはかなり豆の個性が出る抽出方法になるので、例えば浅煎りのキリマンジャロだと酸っぱく、深煎りのマンデリンだと苦みが強く出るので、豆の個性を味わいたい人におすすめです。

次に、サイフォンですが、これは下にフラスコ、上にコーヒー豆を入れたロートを設置して下のフラスコにお湯を入れ、加熱すると圧力により上のロートにお湯が上がりコーヒーが煮出されるというものです。

ペーパードリップに比べて豆の個性は出づらく、高温抽出になるため独特のエグみが出るといわれています。ですが、高温で抽出するため成分は豊富に抽出でき、非常に香り高いコーヒーを入れることができます。ペーパードリップよりも苦みが抽出されやすいので、苦いコーヒーが好きな方にお勧めの抽出方法といえます。

そして、ネルドリップですがネルでできたフィルターにコーヒー豆を入れ、その上からお湯を注いで抽出する方法になります。ペーパードリップと抽出方法がよく似ていますが、ペーパーと違いネルフィルターはコーヒーのオイル成分を通すのでコーヒーオイルが含まれたコーヒーを抽出できることと、豆のふくらみがペーパーフィルターに比べ大きくなるということが特筆すべき点です。これによって、ペーパーフィルターよりも「まったりとした」味のコーヒーを入れることができます。ペーパードリップでは個性が強すぎて飲みにくいような豆であればネルドリップがおすすめです。

最後に、エスプレッソについてですが、これは機械に極細のパウダー状にしたコーヒー豆を設置し、高い圧力をかけて濃い少量のコーヒーを抽出する方法になります。

エスプレッソは前三者とは極端に異なった味になります。まず苦みがかなり強く、飲んだ後の余韻がくっきりと残るというところです。そのため、一般的にはたくさん砂糖を入れて供されることが多いです。トロリとして濃厚な一杯がお好きな方にお勧めです。

コメント