コーヒーの効能とリスク歌との関係を考えてみよう

コーヒーは歌の歌詞の中に意外と多く出てきます。今回はコーヒーの効能とリスクと歌の歌詞にどれぐらい出てくるかを掘り下げて書いて行きます。
今後まだまだ珈琲は今後も沢山の効果をもたらしてくれる万能な飲み物の一つです。

コーヒーの効能

コーヒーについては、万能な飲みの物と捉えられることが多いようです。カフェインが体のいろんなところに、良いぐらいに作用するようです。
まずはダイエット、カフェインが自律神経を刺激、副交感神経の働きを活発にし、結果的にエネルギーの消費を助け結果的にダイエットにも効くようです。
コーヒーを一日3杯位であれば、適度に体に良い効果をもたらすようです。また運動や勉強の前に、コーヒーを飲むと集中力が上り、勉強や運動にも驚くほどの効果が出るようです。
コーヒーは、肌やリラックス効果もあるようです。コーヒーを飲まなくても香りを嗅いだだけでα波が脳からです様です。そのためリラックス効果が期待できます。また肌に対してもシミやクスミを消す効果が期待できます。
お酒を良く飲むという人には、コーヒーを飲むことをお勧めしたいです。それは何故かというと、コーヒーが肝臓に作用し一日2杯飲めば発がんリスクを下げる事が出来る訳です。
また二日酔いも解消されます。その理由はアルコールを飲むとそれを分解しようとしてアセトアルデヒドが生成され、頭痛などを引き起こします。

コーヒーが持っている利尿作用も手伝っての事なのか?速く体外に追い出してくれる作用があり、そのため二日酔いのあの辛さを回避することが出来ます。まだコーヒーについてはまだよい効果が隠れている可能性がありますが、研究中の為今後も色々と表に出てくる可能性がありますので、研究論文の発表を待ちましょう。

コーヒーのリスク

コーヒーを飲みすぎると、胃があれて口内炎を発症する可能性があります。これは胃が疲れているという事ですので、食生活や日常生活を見直すタイミングが来ていると考えてください
コーヒーを飲むと、胃酸が出過ぎるため胃が痛くなることがあり消化性の胃潰瘍が出来るリスクが高まるのでコーヒーを飲むことは見合わせた方が良さそうです。利尿作用があるため尿が出やすくなってしまいます。
尿が出やすくなることは良い事ですが、あまり近くなりすぎるとテストや会社の会議などでトイレに行かなければならなくなりますので注意が必要です。

コーヒーと歌の関係

コーヒーというと、皆さんはどんなイメージを持ちますか?やはり苦みがあるので大人のイメージがあるでしょうか?個人的に思う事はコーヒーが飲めないことは少し可愛そうなことだと感じます。

歌の世界にもアイテムの一つとしてコーヒーが出てくる曲が沢山あります。インターネットの検索窓に、コーヒーと入れると200タイトルありました。では漢字で珈琲と入れるとどの位のタイトルがあるのでしょうか?
因みに、漢字で珈琲と入れると133件ありました。どれだけコーヒーがポピュラーな飲み物かという事が解ると思います。日本で珈琲が出てくる歌で一番有名な歌はコーヒールンバでしょうか?

ある日アラブのお坊さんが恋を忘れた哀れな男にetc・・・というフレーズの後にコーヒーが出てきます。この曲を聞いてコーヒーという茶褐色の飲み物に興味を持ってくれた人もいてコーヒーが飲みたいと感じた人も多いはずです。

この曲は、元々関口宏の奥さんである佐知子さんが最初に歌い、その後荻野目洋子さん、井上陽水さんと、色々な世代が歌い継いでいる名曲です。この歌で出てくる珈琲はまだ飲んだことのない未知の飲み物を飲ませて恋を忘れさせようというある意味では薬的な意味合いで出てきます。

コーヒーというと、眠れない夜を過ごした次の日の朝に飲む飲み物として歌の中に出現し、切なさなどをあおる道具として出てきますし、コーヒーというフレーズを聞くとアンティークな喫茶店が思い浮かんで来ます。

歌を作る時にコーヒーは万能なアイテムかもしれませんね、夏であればアイスコーヒーを登場させてデートの歌を書くことも出来ますし、冬であればホットコーヒーを登場させて別れ歌を書くことも出来ます。

いずれにしてもコーヒーがどれだけ生活の中に浸透している呑み物かが解ると感じました。
2016年になった昨今でも、珈琲は生活にとても溶け込んでいることが分かったような気がします。コーヒーチェーンや個人経営の喫茶店を含めて世の中にコーヒーを飲める場所が沢山ありますのでこれも当然かもしれません。

コメント