コーヒーの思い出いろいろ

コーヒーに関しては、いろいろな思い出あります。紅茶と違ってややクセのある飲み物ゆえに記憶に濃厚に残っているようにも思います。


初めてコーヒーを飲んでみた日のことはハッキリ覚えています。小学校の一年生のある日、学校から帰ると家の工事をしていた方が休憩で母の出したコーヒーを飲んでいました。ものすこく美味しそうに飲んでおられたんです。

至福のひととき…という表情でした。それが羨ましくて、すぐに「私もコーヒー飲みたい」と言って、少し深めの花柄のコーヒーカップにコーヒーを入れてもらいました。

スプーンでぐるぐるかき回しながらクリームを入れると、渦を巻いて白いすじが出来て、そのうち全体がベージュ色に変わり、絵の具みたいだなと思いました。

そして、工事のおじさんのまねをして飲んでみたら、苦くて驚きました。砂糖を入れてもあまりおいしくなくて、「これはおじさんの飲み物だ」とあきらめました。
次にコーヒーを飲んだのは4年生の時です。大きなお屋敷に住む友人の家に遊びに行ったら、家にコーヒーメーカーがありました。当時まだコーヒーメーカーは珍しいものでした。

友人が「コーヒー入れようか?」と言ったので「うん!」といい返事をしたものです。まだ小学生なのにその友人はなれた手つきでコーヒーを入れてくれました。

和室でこたつに入って2人でコーヒーを飲みながら、いろんな話をしました。その友人はその少し前に火傷をして大変だったこともあり、治って良かったと思いながらコーヒーを飲みました。面白かったのは、弟さんがすごく怖がりで困っているという話でした。

夜中にトイレに行くのが怖くて仕方ないので、家中の電気を全部つけてから行くという話がなんともほのぼのしていて楽しかったです。

でも、正直なところやはりまだまだコーヒーはおじさん…いや、大人の飲み物だな~と思いました。
その後は高校時代になります。高校生になると、校則で禁止されてはいたものの、喫茶店には行くようになる時代でした。学校のそばの「Oコーヒー」に放課後によく行きました。初めてある友人とそこに行った時、途中で高校の先生がカウンターにやってきました。

私は平気だったのですが、友人は生徒手帳を出して「喫茶店はダメだって書いてあるよ!どうしよう…怒られる」と言い出しました。風紀係の先生ならば私も緊張するところですが、その先生は優しい先生だったので「大丈夫!」と友人を落ち着かせました。

私が思ったのは、先生も、コーヒーを飲んでいる時間は先生をお休みされるだろう…ということでした。

誰だって、人を叱るのは楽しくありません。とても疲れるものです。まして、おいしいコーヒーを飲みながら校則のことなんて先生も考えたくないだろうと思いました。実際その通りで、その先生はこちらには目もくれず、コーヒーをゆっくり飲んでおられました。

私たちもそのうち、先生のことは気にせず、中学の頃の話や人気のある上級生のことなどを長々と話しながら、コーヒーを楽しみました。そう言えば、この頃からコーヒーはおじさんの味ではなくなりました。

ブラックはまだ無理でしたが、ミルクを入れれば十分おいしく感じられるようになっていました。
また、高校時代になるとあまりにも授業が難しすぎて耐えられず、早退してしまうこともありました。あまり良いことではありませんが、先生に当てられても全く答えることが出来ず、そのまま立たされているのが苦痛でならなかったのです。数学がとにかくダメでした。家で予習復習をしても理解出来ないことが多くなっていました。

おかしいのですが、数学の時間に家に帰ってくると母がコーヒーを入れてくれているのです。私が一生懸命やっても分からないのを知って、全く怒られることもありませんでした。

みんなは授業中なのに家でコーヒーを飲むのはちょっと気は引けましたが、今思えば不登校になってしまうよりは良かったと感じています。フランスの陶磁器メーカーの白いコーヒーカップに湯気がぽわ~んと立ち昇るのを見ながら、いろんなことを考えましたなんでみんなあんなに難しい授業が分かるのだろうか…とか、入る高校を間違えたかな…とか、自分は卒業出来ないかもしれない…などとめどもなく不安でした。

テレビもついていましたが、全然目に入ってなかったように思います。この頃のコーヒーの味は人生の苦みを感じるものでした。
それから随分時間がたって、最近はコーヒーはご褒美の味になってきています。何でも良いのです。ちょっと頑張ったらコーヒーです。特に習慣化しているのは、病院に行った跡です。

病院に行った帰りには必ずコーヒーを飲んで一休みです。250円くらい出してお店で入れていただくとやはりすごくおいしいです。もっと本格的なお店にも行きたいですが、最近は減ってきています。
先日テレビである作家がカフェで一休みするのがとても好きだとおっしゃっていました。コーヒーを飲む時間は一人の時間のように見えて、きっとたくさんの思い出や心の中にいるいろんな人と過ごせる時間でもあると思います。

コメント