コーヒーの楽しみ方は飲むだけではない

【はじめに】

やすらぎのひと時をコーヒーで楽しむ人は多いでしょう。コーヒーには様々な魅力があります。コーヒーを飲みながら親しい人と楽しむ時間はとても嬉しいですよね。しかし、毎回同じコーヒーばかり飲んでいると飽きてしまいます。今回はコーヒーの色々な楽しみ方についてお伝えしたいと思います。

1.手紙にコーヒーを入れる。

美味しかったコーヒーというのは、誰かに知って欲しいという気持ちになると思います。ドリップタイプのコーヒーであれば、他の人におすそ分けすることも出来ますよね。手紙に1つコーヒーを入れておすそ分けすると良いでしょう。コーヒーのギフトを買って送るのも良いですが、ギフトセットは高いですし、貰った相手も手軽に受け取ることが出来ません。でも、おすそ分け感覚で1つ手紙の中に入っていれば、相手も気後れせずに飲むことが出来ます。

コーヒーを送るときは、コーヒーよりも手紙をメインにするべきです。コーヒーをメインにしてしまうと、相手もコーヒーの感想を催促されていると思ってしまいます。あくまでもコーヒーはおまけである必要があります。手紙にコーヒーのことを書くときは、さり気なく書いておくようにしてください。

2.コーヒーで染める。

コーヒーは染料として使うことも出来ます。コーヒーで染めた布は、優しい茶色になります。自分で染めると愛着がわきますし、それが大好きなコーヒーだ思えばもっと愛着がわきますよね。コーヒーは飲むだけではなく、染めて持ち物をコーヒーグッズにすることが出来るのです。

最初は上手く染めることが出来ないかもしれませんが、コーヒーの量を変えて色合いを変えてみたり、上手く出来たら友達にプレゼントするのも良いでしょう。コーヒーで染めたと伝えれば、良い話題の提供になります。コーヒーについてもっと相手に興味を持ってもらえるでしょう。

コーヒーで染めるのに適しているのはハンカチやスカーフです。特にハンカチは小さいので初心者でも簡単に染めることが出来ます。

3.コーヒーパーティーをする。

コーヒーを1人で楽しむのも良いですが、たくさんのコーヒー好きを集めてパーティーをするのも楽しいですよ。コーヒーが好きな人は多いので、SNSなどで呼びかければ直ぐに人が集まるでしょう。

コーヒーは様々な種類を用意しておきましょう。コーヒーの産地ごとに分けておくと、飲み比べをすることが出来ます。コーヒーを使ったお菓子を用意すると喜ばれます。また、コーヒーに合うお菓子も準備しておきましょう。コーヒーには洋菓子がおすすめです。サンドイッチなどの軽食もあると口直しが出来ます。

コーヒーパーティーでは、コーヒーについて熱く語ることが出来ます。コーヒー好きと新しい友達の輪を広げることも出来ます。1人で楽しんでいたコーヒーも、たまには賑やかに過ごせば良い思い出が出来ます。

コーヒーパーティーの主催者をする場合は、場所の確保や料理の準備が必要です。特にコーヒーは美味しいものを用意する必要があります。参加してくれた人に感謝して、おもてなしの心を忘れないでください。

4.コーヒーの器を楽しむ。

コーヒーを飲むときに使うコーヒーカップには、様々な種類やデザインがあります。使いやすいように工夫されたものや、洗練されたブランド物など、コーヒーカップはインテリアとしても楽しめます。

理想のコーヒーカップ探すのも楽しいですよ。お気に入りのブランドが見つかるかもしれません。高価でも1つ持っているだけで満足出来るものがあります。

【まとめ】

いかがでしたか?コーヒーは飲むだけのものではなく、様々な可能性があります。コーヒーを染料にしてみたり、コーヒーカップのデザインにこだわってみるなど、コーヒーから派生したたくさんの楽しみ方があるのです。ぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました