コーヒーの種類や産地

コーヒー豆にもいろいろな種類があります。

ここではコーヒー豆の種類や有名な産地ごとの特徴についていろいろと書いていきたいと思います。まず、コーヒー豆の種別の違いとして、ロブスタ種というものとアラビカ種というものがあります。

ロブスタ種というのは豆が小ぶりで、病原虫などに強く収穫量も多いといわれています。また、少ない豆の量で大量のコーヒーを抽出できるというメリットもあります。

ですが、味としては一般的にアラビカ種に劣るといわれており、きな粉を思わせるような独特のロブスタ臭があります。日本ではロブスタ種は缶コーヒーなどに入っている以外はあまり飲まれる機会がりません。

次に、我々が飲んでいるコーヒーのほとんどを占めるアラビカ種ですが、ロブスタ種と違い、収穫量が少なく、病原虫などに弱いという特徴を持ちます。また、ロブスタ種に比べ、抽出できるコーヒーの量は少ないのでロブスタ種よりも割高であることが多いです。しかし、香りと味に関してはロブスタ種よりも素晴らしく、各地域でいろいろなコーヒーが清算されています。

たとえば、アフリカ地域では有名なものがエチオピアやタンザニア、ケニアなどがあげられます。

エチオピアはアラビカコーヒーの原産地で、大粒でサイズが大きく、タンザニアはキリマンジャロでおなじみの酸味が強くフルーティーで香り高いコーヒーが取れます。

ケニアはマイルドなコーヒーが取れ、粒ぞろいで優良なマイルドさがあります。南アメリカ地域ではブラジルやコロンビアが有名で、ブラジルはブラジルサントスをはじめ優良品種が多く、カップオブエクセレンスという賞を受賞したコーヒー農園も多く、コロンビアはマイルドなコーヒーで有名で、甘みのあるやわらかいコーヒーが特徴です。

そしてカリブ海諸国ではパナマとグァテマラ、ジャマイカが有名で、パナマではゲイシャコーヒーで有名です。グァテマラは品質が安定しており、ジャマイカはブルーマウンテンでおなじみの香り高いコーヒーが取れます。また、アジア圏でもコーヒーは収穫されており、インドネシアやベトナムが有名です。

インドネシアではマンデリンをはじめとした苦みの強いコーヒーが清算されているほか、トラジャやジャワロブスタなども有名です。ベトナムは主にロブスタ種を生産しています。このように、各国様々なコーヒーを生産しており、かなり奥の深いものとなっています。

みなさんもコーヒーを飲まれるときは種類や産地にこだわってみてはいかがでしょうか。

コメント