コーヒーの香りに誘われて

大人になって、コーヒーの味も香りもようやく楽しめる様になりました。


私はコーヒーが大好きで、朝はコーヒーをゆっくり入れるために、少し早めに起きたりします。
朝、コーヒーを淹れたり、ベーコンを焼いてスクランブルエッグを作ったりしていると、なんだか自立した大人になったなぁと思ってしまいます。

私の実家では、朝食はパン食が多く、両親もコーヒー党で、必ず毎朝コーヒーは食卓に並んでいました。
小学校に行く準備をしながら、両親が飲む予定のコーヒーがぐつぐつ煮出されて、何とも言えない美味しい香りが家中に充満していました。
ちょっと大きめのマグカップに並々と入ったコーヒーを美味しそうに飲む両親を見て、小さいころの私はいつか私も飲みたいと思ったものでした。
母に、私も飲んでみたいと言っても、「これを飲んだら色が黒くなるよ」と言われて、全然飲ませて貰えませんでした。
大人は黒くならないのか不思議に思ったんですが、私の中で「コーヒーは大人が飲むもの」と決めて、それ以上お願いしませんでした。
初コーヒーがいつだったかはまるっきり思い出せませんが、少なくとも「美味しい!!」とは思えなかったはずです。
こんな苦くて飲みにくい物をあんなに美味しそうに両親が飲んでいたことに疑問を感じた記憶です。

大学生になった頃にもまだまだコーヒーを心から美味しいと思うことが出来ず、友達の家に、コーヒーミルがあった事に、「ただのポーズで持っているんだろうな」と勝手な解釈をしていました。ただ、その時に、友達がコーヒーが入っていた空袋に顔を突っ込んで香りを楽しんで、私に勧めてくれました。
しみじみコーヒーの袋の香りを嗅いでみると、コーヒーの味よりもずっと良い香りに感じられました。「もっと匂いたい!」そう思ったものです。

就職してからは、コーヒーを出される機会が俄然増えて来ました。地方から東京に出て来て、就職した私は、大人はこんなに頻繁にコーヒーを飲むんだなぁとしみじみ感じる毎日でした。

朝のコーヒー、お昼ご飯後のコーヒー、午後3時頃のコーヒー、来客が来た際に出すコーヒー、一日に何度も出てきます。
当時私が就職した会社では、隣に喫茶店があり、社員の分は若い女性社員が入れていましたが、お客さんの分は隣接している喫茶店のマスターが持って来てくれるシステムでした。
白いカップとソーサーに注がれたコーヒーを、愛しそうに美味しそうに飲む来客の方々が多くて、コーヒーって本当に愛されている飲み物なんだなぁと思っていました。私たち社員は、隣の喫茶店からのコーヒーで接待される事は無く、香りだけごちそうさまの状態でした。
でもまだまだ苦みが苦手な私は香りだけで満足で、2年足らずで退職してしまうまで、一度も隣の喫茶店に行くことも無く、そこのコーヒーを飲んだことはありませんでした。今思えば、一回くらい飲みたかったなぁと思います。

私もまだ若い女性社員だったので、コーヒーを淹れる側にもなることもあり、自分でも飲んでいましたが、まだその頃は、ミルクと砂糖を入れないと飲めず、コーヒーというより、どちらかというと、コーヒー牛乳に近い飲み物にして飲んでいるって感じでした。

東京で3年間仕事をして、私は地元に帰って来て、公務員の仕事に就職しました。一般行政の仕事です。割合座っている時間が長い事務職です。

ここでも毎日、誰かがコーヒーを淹れて、一日に何度か飲む習慣がありました。
25歳に公務員になって、ずっと座り仕事をし続け、特に運動もしない私は、少し太り始めていました。
30歳になった頃から、ダイエットも兼ねて、苦手だったコーヒーをブラックで飲んでみる様になりました。

最初は少し抵抗があったものの、元々「コーヒー味」は好きだし、コーヒーを淹れている時の香りも大好きです。
なので、段々とコーヒーが好きになっていました。本格的に好きになったのは、コーヒーをブラックで飲んでからです。
今でも職場でも毎日コーヒーをコンスタントに飲まずには仕事は出来ませんし、業者との打ち合わせがあって、時間がかかりそうな時には、コーヒーを飲みながら、香りも楽しんで仕事をする様にしています。お茶を出すよりも、コーヒーを出すと、業者さんも喜んでくれる感じがします。

コーヒーは、頻繁に映画やドラマにも登場します。主人公が香りを楽しむシーンも多いです。
マグカップの香りをしながら、主人公が何か物思いにふけっているシーンは本当に絵になります。

アメリカテレビドラマ「フレンズ」がとても好きで、全巻DVDを購入し、何度も何度も繰り返し観ています。
主人公達は男女6人で、コメディタッチで、ニューヨークを舞台に恋愛や仕事、友情に悩んだり、様々な事件が起きる中、ほぼ毎回の様にコーヒーを淹れたり飲んだりするシーンが登場します。主人公達の家々の場合もありますし、6人が毎日の様に集まる近くのカフェで飲む場合もあります。
本当に美味しそうに飲むシーンを観ていると、私も感化されて、フレンズを観て益々コーヒー好きになりました。
6人がいつも集まるカフェは確か「セントラルパーク」という名前だったと思います。
まだニューヨークに訪れた事はありませんが、主人公達に思いを馳せながら、ニューヨークのおしゃれなカフェで「コーヒーの味と香りを楽しむ」
事が私の夢になっています。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA