コーヒーを使った睡眠調整の仕方

コーヒーが好きな人の場合、いつでもコーヒーを味わいたいと思う事と思います。しかし、コーヒーには、眠りを妨げてしまうというイメージも強く、夜にコーヒーを飲みたいと思っても我慢してしまっている人も多いのではないでしょうか。
でも、もうそんな必要はありません。少し工夫する事で夜でもコーヒーを楽しむ事は可能です。

 

まず、コーヒーがなぜ、眠りの妨げになると言われているのかご存知でしょうか。コーヒーに含まれるカフェインが大きく影響している為だと言われています。実際、このカフェインが大きな影響を与えていると言う事は、多くの人に知られている事と思います。

 

その他にも、もう一つの理由がありそれがコーヒーを飲む事で発生してしまう利尿作用だと言われています。利尿作用が働く事で睡眠中でもトイレに起きてしまう事があり、結果、良い睡眠を確保する事ができなくなってしまうのです。

 

そんな眠りの妨げになるカフェインの効果は短くて4時間。長い場合だと7時間ほど継続すると言われています。と言う事は、就寝する時間を考えると夕方以降は基本的にコーヒーを飲んではいけないと言う事になります。

 

では、どうしても、夜にコーヒーを楽しみたいと言う人はどうすれば良いのでしょうか。それは、カフェオレにして楽しむ事です。牛乳たっぷりのカフェオレ。温めた牛乳には安眠効果がある為、その牛乳の力を借りて安眠へとつなげていきます。ブラックコーヒーをカフェオレに変える事で、安眠できるコーヒーに変化させる事ができるのです。

 

その為、朝はブラックコーヒー。夜はカフェオレなどと言った楽しみ方がコーヒーのベストな楽しみ方と言えるのです。しかし、中には、牛乳が苦手な人。やっぱり、コーヒーはブラックでないと!と言う人もいるかと思います。そのような人の場合は、ノンカフェインのコーヒーを選ぶ事をお勧めします。ノンカフェインコーヒーでは、物足りないのでは?と思う人もいるかも知れませんが、妊婦さん用に作られているものなど様々な種類のものもある為、きっと、自分好みのノンカフェインコーヒーを見つける事ができると思います。

 

そんな眠りの妨げになるコーヒーですが上手く利用する事で睡眠を調節する事が可能です。例えば、昼寝。昼寝は大人でも効果的な手段と言われ、最近ではオフィスや学校でも推奨されているほどです。午後のひと時、昼寝をする事で、その後の作業効率がアップすると言われ、昼寝の大切さが見直されているのです。

 

そんな昼寝の際にコーヒーを活用する事で上手く昼寝をコントロールする事が可能です。昼寝の場合、15分程度が最も効果的だと言われています。その為、昼寝をする前にコーヒーを飲み、そのまま、昼寝をはじめます。それでは、コーヒーのカフェインで寝つきが悪くなるのでは?と思われるかも知れませんが、カフェインの効果が出てくるのは、コーヒーを飲んでから30分後だと言われています。その為、結果、カフェインの効果が表れだした頃に昼寝から目覚める事ができ、スッキリとした目覚めで仕事や勉強を再開する事が可能になります。

 

もちろん、夜遅くまで仕事や勉強をしなければいけない場合も、コーヒーを飲むと言う事は効果的です。ただし、カフェインの効果の持続性が長いと言う事を忘れず眠りたいと思う時間から逆算して飲むようにする事が大切です。そうしなければ、結局、眠りたい時間に眠る事ができず翌日の生活に支障を及ぼしてしまうかも知れません。

 

このようにコーヒーは工夫次第で時間を気にせず飲む事ができ、また、カフェインの効果を有効利用した飲み方をする事で、自分の睡眠を調整する事もできると言えます。その為、是非、コーヒーのカフェインの効果を利用して、自分の睡眠を調整してみてはいかがでしょうか。

コメント