コーヒーを飲むことの利点とは

皆さんはコーヒーを良く飲まれますか。中にはコーヒーは飲まないという人もいると思います。
私は大体1日1杯は飲んでいます。今回は、私が好きなコーヒーを飲むことによって得られる事があるのかどうかを調べてみたいと思います。

まず、コーヒーにはカフェインという物質が含まれているという事はご存知の方も多いと思います。

このカフェインという物質がどんな作用をしているかというのをご存じの方はどのくらいいるでしょうか。

眠くならないようにするということは多くの方がご存じだと思います。

眠気を防ぐことで、脳の疲労を防ぎ、仕事や勉強の作業効率を上げているのです。これはカフェインの良い所の1つです。

次に、カフェインは脂肪細胞の中に入ることによって脂肪を分解する酵素を活性化してくれます。摂取したカフェインが体に溜まった脂肪に働きかけ、分解を促進して血中に脂肪酸として放出してくれます。

しかし、運動をしないと脂肪酸は再び脂肪物質の中に戻ってしまいます。コーヒーを飲んだだけで痩せられるというわけではないのでご注意ください。

更に、食後のコーヒーは胃酸を分泌して消化を助けてくれます。

また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸がガンや動脈硬化などの原因物質である活性酸素を消去してくれる成分を含んでいるといわれています。

最後に、コーヒー自体にはカロリーがありません。ミルクや砂糖を入れなくても油が浮いているように見えることがありますが、コーヒー豆の成分がでたもので、この油が浮いているのがおいしいコーヒーの証です。油といっても測定できるほどのカロリーはありません。

ここまで、コーヒーの良いところを見てきましたが、気をつけるべきことはないのでしょうか。

食欲がない朝に眠気覚ましのコーヒーだけという人も多いのではないでしょうか。確かにカフェインによって眠気は覚めますが、空腹時に飲むとカフェインの作用により胃酸が分泌され、その胃酸により胃が荒れてしまうということもあります。

さらにコーヒーに含まれるクロロゲン酸は鉄分と結合しやすい為、鉄分の吸収が少し悪くなります。

食後にコーヒーを飲む場合は食事でとった鉄分が失われないように少し時間をあけて飲むようにしたほうがいいみたいです。

良いところがあれば、気をつけるべきこともあるというのは当然のことだと思いますが、コーヒーが貧血にも関係しているということには驚きました。

私自身も少し貧血気味なので、コーヒーを飲む際には気をつけたいと思います。

コメント