コーヒーを飲む際に合う食べ物の選び方

コーヒーと言えば、良い香りと共に基本的に苦味を特徴とする飲み物です。そこでコーヒーに合う食べ物として、多くの人が思い浮かべるのが甘い物だったりします。

 

特にケーキを食べると口の中は強い甘みが生じるので、コーヒーの強い苦味を口に入れる事で甘さが程良く中和されて口の中をさっぱりさせる事が可能です。

 

すると次のケーキの1口もしっかりと甘さを感じる事が出来るので、コーヒーと一緒にケーキを食べる事でその甘さによる旨みを存分に引き出す事が出来ます。この様に苦いコーヒーと言うのは、対照的な甘い食べ物と一緒に飲む事で口直しの効果を得る事が可能です。ただしコーヒーは対照的とも言える甘い食べ物だけに合うかと言うと、そう単純ではありません。喫茶店に行ってモーニングを頼むと、トーストやサンドイッチと一緒にコーヒーが出て来る事が多いです。

 

バターを付けただけの甘さのないトーストやサンドイッチと共にコーヒーを飲んでも、非常に美味しく感じられる事が多かったりします。この様にコーヒーは単純に甘い食べ物だけに合う飲み物ではなく、様々な味の食べ物との相性も良いので色々な食べ物と組み合わせて飲む事が可能です。ただしコーヒーと言っても、苦味が強い濃厚な物もあれば逆に薄くさっぱりとした苦味の物もあります。その様にコーヒーの淹れ方により、味わいも違って来るので同時に合う食べ物も変化する事が多いです。逆に言えば一緒に食べる食べ物によりコーヒーの淹れ方を変えたり、好みのコーヒーにより食べ物を選んだりする事でより美味しくコーヒーを飲む事が出来ます。美味しいコーヒーを飲みたいなら、そういった部分にもしっかりと拘る事をおすすめします。具体的には深煎りで兎に角濃く苦味の強いコーヒーが好きでそういったコーヒーを飲む際には、甘味の強い食べ物との相性が抜群です。

 

チョコレートやチョコレートケーキ、ドーナツやシナモントースト等は甘さが強い物が多かったりします。なのでそういった食べ物を選んで深煎りコーヒーを飲むと、口の中をさっぱりする効果を強く得られるので食べ物もコーヒーも相乗効果で美味しく頂ける可能性が高いです。次に深煎り程に濃いコーヒーではないものの、ある程度の苦味を感じたい人は中煎りのコーヒーを好む事が多かったりします。そういった中煎りコーヒーを飲む際に合う食べ物と言えるのが、アップルパイやカスタードクリーム入りの食べ物といった程々の甘さがある物です。程々の甘さと中煎りの程々の苦味が口の中で上手く中和してくれるので、美味しくコーヒーを飲む事が出来ます。更に中煎りの苦味はそこまで強くはないので、甘味のない食べ物とも合わせる事が可能です。

 

なのでバタートーストやスモークサーモンのサンドイッチといった、少しこってり感のある甘くない食べ物と合わせても良い感じで美味しく飲む事が出来ます。さっぱりとした苦味を味わいたいという人は、浅煎りのコーヒーを好んで飲む事が多いです。浅煎りのコーヒーであれば苦味ではなくコーヒーが持つ酸味を存分に楽しむ事が出来るので、一緒に食べる際はその旨みを損なわない様な食べ物を選ぶ必要があります。浅煎りのコーヒーはほんのりとした苦味しかないので、チョコレート等の濃い甘味を持つ食べ物と合わせると甘味に負けてしまうケースが多いです。なのでさっぱりとした甘さを持つ食べ物と、合わせて飲む事がおすすめ出来ます。

 

具体的にはフルーツタルトやチーズケーキといった食べ物であり、一緒に飲む事でケーキの味も引き立てるだけでなくコーヒーの風味を高める効果も期待可能です。他にもサンドイッチやスコーンといった食べ物とも、相性が良かったりします。この様にコーヒーと合う食べ物は、深煎りか浅煎りかといった具合にコーヒーの淹れ方によっても変化するのでその点にも注意して選ぶべきです。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA