コーヒーミルを選ぼう

コンビニやチェーン店、喫茶店など、外で飲んでいたコーヒー。うちでも美味しいコーヒーを飲んでみようかな。と思ったら、次に必要なのはコーヒーを抽出する器具ですね。

まずは豆選び。
コーヒー豆は通販でも買えますが、近くに専門店があるのならそこで購入してみるといいかも。
話を聞くこともできますし、そのときのおすすめのコーヒー豆を買っていくのもいろいろ楽しむひとつの方法です。

そのときはぜひ、コーヒーは豆を挽かずに豆のまま購入してください。

コーヒー豆を挽いたときのあの香りはそのときにしか出せないもの。
お店で挽いてもらうということはその瞬間を逃しているということなのです。

一番の楽しみを自ら逃してどうする!
っていうこと。

そしてもうひとつ。
コーヒー豆は、挽いたそのときから酸化が始まってしまいます。
保存方法で多少酸化を遅せることはできますが、あくまで“多少”だと思ってください。

となると必要なのはコーヒーミル。

手動と電動。
大きく2つのタイプにわかれます。

それぞれの特徴があるので、それをふまえて、どちらが自分にあっているかで選ぶといいと思います。

ハンドルをまわしながらゴリゴリとコーヒー豆を挽いていく手動ミル。
人力なので挽き終わるのに少し時間はかかりますが、そのただよってくるコーヒー豆の挽きたての香りはたまらなくいい香りのはず。

手動ミルはデザイン性もあるものが多いので、部屋に置いても映えます。
コーヒー豆を挽いているときにはねやすいので蓋があるものを選ぶといいです。

日常使いにおすすめは電動タイプのミル。
挽くのに時間がかからないので、頻繁にコーヒーを飲む人でも、その都度挽き立てを楽しむことが可能になります。
電動タイプのミルの値段の違いは挽き方の違い。
ミルの性能という点で価格に比例しています。
こだわり出せばキリがないですし、手頃な値段のモノから始めて十分だと思います。

自宅でも美味しいコーヒーを飲むなら、コーヒー豆を挽くところから。
それが第1のポイントだと思います。

コメント