コーヒー一本で勝負する名店 まめや総本店 夙川店 

【店舗情報】
店名:まめや総本店 夙川店
住所:兵庫県西宮市相生町7-3 夙川第一ビル1F
電話:0798-71-8800
営業時間:10時~19時
サイト:http://www.mameya-sohonten.com/shukugawa/

西宮市夙川といえば阪急の駅に近い高級住宅街が有名で、特急停車駅になるなど阪神間でも躍進して注目されている場所ですよね。
夙川のある西宮市は阪神タイガースの本拠地である甲子園球場が有名ですが、隣の西宮北口駅のそばに今はなき阪急ブレーブスの本拠地であった西宮球場があるなど野球の聖地として知られています。
まめや総本店は野球でいうストレート勝負のようにフードやデザートを提供せずにコーヒー一本で勝負し、店長自らこだわりを持って様々な産地の豆を選んでいることが特徴です。
店内の喫茶コーナーはテーブル席があり、メニューは本日の珈琲、まめやぶれんど、冷たい珈琲とシンプルで、300円と安くて高級住宅街の中にあって親しまれています。
店は阪急神戸線と甲陽線が交差する夙川駅からすぐの場所にあり、「まめや」と大きい文字で書かれたのれんが目印で分かりやすいです。
私は夙川駅は知人の家があるため利用する機会が多く、コーヒーを飲みたくなったためにせっかく見つけたし気になるため中に入りました。

店内はコーヒー豆の販売を中心に扱うため樽に入れた豆が整然と並べられ、専門店のこだわりを感じたものです。
樽の上のカウンターにはコーヒー器具やガスを使うロースターがあり、店内には香ばしい香りが広がるなど独特な雰囲気を感じさせてくれます。
私はまめやぶれんどを注文するとキリマンジャロ、コロンビア、ブラジルをブレンドし、本格的な味わいに仕上がっていて感動しました。
まめや総本店は店の名前の通りコーヒー豆の販売をメインに行い、六甲などにも店があるものの夙川店ではコーヒー一本で勝負するほどのこだわりようです。

 

まめや総本店夙川店は高級住宅街にあることから高級志向に思われがちですが、本格的なコーヒーを安く味わえるためビジネスマンなどを中心に利用者が多いです。
店長は職人のような感じで焙煎の具合を確かめながら飲みやすい味わいに仕上げ、種類が少ないもののまさしく名店にふさわしい感じがします。
焙煎はガスを使って回すため豆の香ばしいにおいが店内に広がり、ただ者ではないという期待ができるものです。
珈琲専門店はコーヒー以外にもデザートやフードメニューがあるものですが、店名のまめやの通りコーヒーだけで直球勝負をするため店主の自信とこだわりを感じ取れます。
この店はまさしくシンプルイズベストを体現するような感じでコーヒー豆の販売や喫茶店のコーヒーの売上で勝負し、夙川の街に溶け込んでいることが特徴ですよね。

珈琲専門店はやはりコーヒー豆の香りや味を楽しめる店を選びたいもので、まめや総本店夙川店はこのような願望に応えてくれるものです。
コーヒー豆の産地や種類は多くて迷うものですが、この店に行くと詳しく紹介されサイトでも解説されて安心して選べます。
店内は4人がけのテーブルがわずか3つしかないですが回転が早くて混雑しても入りやすく、その場で焙煎されているため本格的な味を気軽に楽しみやすいです。
コーヒーに対する考え方は人それぞれですが私は雰囲気を感じながら味わいたいもので、この店は狭いながらも快適なため行って感激しました。
コーヒー豆の産地は意外と多くて樽を見比べると興味深いもので、店内で生豆を焙煎するため一本勝負をするために自信を持っていることがまた良いものですね。
夙川は高級住宅街として注目され交通の便が良く途中下車して駅周辺の店に立ち寄ると趣深く、まめや総本店はこのような願望を叶えてくれます。

まめや総本店夙川店は本格的なコーヒーに出会いたい方にはおすすめで、飲むと新たな刺激や発見ができると思います。

コメント