コーヒー豆の博物館のような雰囲気の店 コーヒーの森

【店舗情報】
店名:コーヒーの森
住所:千葉県船橋市高根台1-8-3
電話:047-461-4221
営業時間:09:30~19:00
サイト:なし

船橋市北部にある高根公団駅の周辺は多くの住宅地が立ち並んでいますが、駅のすぐ前にコーヒーの森があります。
店自体は目立たない場所に小じんまりとしてたたずんでいますが、多くの種類のコーヒー豆の販売をするためまさしく博物館のような雰囲気がありテイクアウトを中心に利用者が多いです。
イートインスペースはカウンターとテーブルがあり物販店とスペースを共有していますが、木を使ったゆったりとした雰囲気を味わえてくつろげます。
イートインのメニューはブルーマウンテンとブレンドコーヒーなどがあり、専門店の中でも価格が安くてコーヒーを手軽に味わうために入りやすいです。
コーヒーの森はコーヒー豆以外にも業務用の食品を扱うことが特徴で、買い物のついでに立ち寄ってリラックスする利用者が増えています。

私の友人が高根公団駅から近い場所に住んでいるため訪問するために駅を降りるとコーヒーの森の看板があり、興味を持ったために立ち寄ってみると多くの種類のコーヒー豆の瓶に驚かされたものです。
コーヒー豆の種類はブラジル、コロンビア、モカマタリ、キリマンジャロのほかハワイコナやブルーマウンテンのような高級な種類もあり、アンデスの宝石など見たことがないものもありました。
店内はテーブル席の後ろにも業務用のジュースやレトルト食品などが置かれているためカウンター席でないと落ち着けない雰囲気があり、私は一人で入ったためにそちらを選びました。
カウンターの椅子はなかなか変わった形のため戸惑いましたが、中の棚にはグラスや樽が並べられていました。
私が注文したメニューは夏場だったためアイスコーヒーを選びましたが、自家焙煎ということもあってか本格的な味わいを堪能できて良かったです。

コーヒーの森は駅の利用者だけでなく主婦などを中心に利用者が多く、買い物のついでにコーヒーを飲んでくつろぐ方法が一般的です。
コーヒー豆は多くの種類があり専門店で飲むと高くなるため、この店で安く手軽に味わうと良いかもしれませんよね。
自家焙煎コーヒーはできたての味をその場で味わえることが特徴で、コーヒー豆を買って自宅で味わう方法と比べると本格的な風味を楽しめます。
店内は狭くて人の出入りも激しくゆったりとできないこともありますが、カウンター内に壁画が飾られるなど工夫されていることが特徴です。
高根公団駅は住宅街ということもありテイクアウトでも利用が多く、他の店にはない産地のコーヒー豆があるために人気があります。

 

コーヒーの森はコーヒー以外に業務用の食品を販売する店ですが、多くの種類のコーヒー豆が販売され様々な目的で使えることが特徴です。
この店はイートインスペースがあるものの店の作りの関係で人の出入りが激しく、本格的なコーヒーを味わって気分転換をするために考えると良いかもしれません。
コーヒー豆の種類は多くなるとなかなか選びにくいものですが、店員さんに聞くと教えてくれますし興味深いものです。
コーヒーの森はまさしくオトクな価格で試飲をしてから豆を購入できるように配慮され、注文するとミルで挽いてドリップしてもらえるため満足できます。
この店はコーヒー以外に業務用の食品なども販売されていることが特徴で、船橋に限らず千葉県内ではこのような形態も多いようです。
コーヒーのメニューは店にあるコーヒー豆を選べ、私はモカマタリを注文しましたが他の店の半額以下で飲めるためまた立ち寄りたくなりました。
やはりコーヒーは試飲をしてから買いたいもので、この店の場合はその願いに応えてくれそうです。

 

コーヒーの森はお得に本格的なコーヒーを味わえるため、高根公団駅に立ち寄った際には入ってリラックスすると良いと思いますよね。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA