コーヒー豆の鮮度にこだわる

コーヒーなんてどれも一緒だと思っていたものの、いざ味を比べると種類によって全然違うということに気づき、それ以来コーヒー豆にはこだわりを持つようになったという人は大勢います。

確かにコーヒー豆にはも様々な種類のものが存在し、種類によって味も違います。しかし必ずしも好みの味のコーヒーを容易に飲めるというわけではないでしょう。

コーヒー豆は種類やブランドによっては非常に高価なものがあり、そのようなものを定期的に購入することはできません。しかし美味しいコーヒーを飲むためのコツがいくつか存在します。そのコツさえ掴めば、価格の安いコーヒー豆を使用しても美味しくコーヒーを飲むことができます。ではそのコツをここでご紹介したいと思います。

コーヒーは嗜好品です。自分がどんな味のコーヒーが好きなのか?意識することが重要です。まずは自分の好みにあった味のコーヒー豆を購入します。このときコーヒー豆を販売しているブランドなどは気にせず、価格の安いものを購入します。

しかし一点だけこだわりを持ってください。それは新鮮なコーヒー豆であるということです。最近ではインターネットなどでもコーヒー豆を購入することができますが、そのときは新鮮さを売り物としているショップで購入したり、購入者のレビューを見たりして新鮮なものを販売しているかどうかを見極めます。またスーパーなどで販売されているものは新鮮かどうかを確かめることが比較的容易に行うことができますので、その点を必ずチェックします。

次にローストです。ローストする時間が長ければ深みのある苦味が特徴的なコーヒーとすることができます。また浅くローストする場合は酸味が強くなるために、好みによってローストする時間を調節することができます。

自分好みの味が引き出せるまでローストする時間を研究する人もおり、味を追及するのも楽しみの一つかもしれません。ちなみに販売されているロースト器を購入することもできますが、フライパンなどでもローストが可能です。ただしローストするときにコーヒー豆から皮が剥がれますので、それらを上手に取り除くことが必要です。

このように価格が安くても新鮮なコーヒー豆を購入すること、そしてローストする時間によって味を調節することによって美味しいコーヒーを飲むことができます。もちろん厳選された高級なコーヒー豆に比べると味に違いが生じますが、先に述べた二つの点を当てはめることで安くて美味しいコーヒーを飲むことができます。ぜひ試してみてください。

コメント