スターバックスが人気の理由

今やスターバックスは全国各地に広がり、知らない人はいないくらいのコーヒー専門店になっています。

日本進出は1996年で多くのファンに愛され、おいしさと質の高いサービスを提供してくれます。なぜここまでスターバックスが愛されるのか探ってみました。

最初に考えるのはスターバックスを支えるコーヒー豆の生産地だと思います。

スターバックスのコーヒー豆はスペシャルティコーヒーと呼ばれる高品質のアラビカ種です。豆のバイヤーは一年中ラテンアメリカ、アフリカ、アラビア地域、アジア、太平洋地域を高品質のコーヒー豆を求めて旅をしているそうです。

世界中のスターバックスでおいしいコーヒーが提供できるように生産地に「ファーマサポートセンター」を置くことで農業技術や品質管理の支援も行っています。

生産地の高品質の豆を生産することによりスターバックスも発展し、生産地も持続可能な農業で作り続けられるという相乗効果で成り立っているのです。

コスタリカにあるファーマサポートセンターでは、豆のテイスティングを行えるカッピングルームがあり、豆のスペシャリストによって品質改善へのアドバイスも行われています。

世界中で厳選された豆は、一度すべてスイスの工場に送られ同じ条件で同じ味が出せるかどうかチェックし、実際に購入するか決められます。

決まった豆が世界で5つあるスターバックスの焙煎工場に運ばれることになります。

土地の香りと酸味やコクなどを最大限に引き出すローストの度合は、収穫の時期や豆の種類によっても違うので熟練した技術とコーヒーに対する味覚が大変重要になってきます。

どこのスターバックスにいっても高品質であり同じ味が楽しめるのは当たり前ではなくそれぞれの熟練された技術者の賜物だということがわかります。

数あるスターバックスのコーヒーの種類を少し紹介したいと思います。

まずカップの種類ですが4種類あり、ショートとトールとグランデとさらにもっとも大きいベンティというサイズに分かれています。

私はさっと飲みたい時はショートサイズで、座ってくつろぎながら飲みたい時はトールを頼むことが多いです。

まずは、定番のドリップコーヒーは、厳選された豆を丁寧にドリップしてあり日替わりでスターバックスの自慢の味を楽しむことができます。

そしてエスプレッソのコーヒーとしてスターバックスラテがあります。こちらはスターバックスの代名詞ともいえる定番のドリンクでエスプレッソとミルクが引き立てあう一杯になります。

また、人気のフラペチーノシリーズはあつい時期特に飲みたくなる一杯です。代表的なもので、抹茶クリームフラペチーノやモカフラペチーノなどがあります。

さらにコーヒーを引き立てるバリエーション豊かなフードも魅力の一つになります。このようにスターバックスは生産から加工そして提供まで様々な過程があり愛されるお店になっていったのです。

コメント