トルコ式コーヒーで占いができる?

希望が満ち溢れたような新春の青い空を思わせる宝石としても知られているトルコ石ですが、そのトルコ石は実はトルコでは産出されていません。

元々はペルシア地方で採取されていたのですが、ヨーロッパへと運ばれる時にトルコ商人の手を経ていたので、そう呼ばれるようになったそうです。

 
遥か昔の時代、オスマントルコの洗礼を受けた数々の有形無形の品がトルコを経由してヨーロッパ大陸へと運ばれて行きました。
その中には、人々の心を酔わせる事になるコーヒーも勿論ありました。
今回は、何と占いも出来るというトルコ式コーヒーについて見ていきましょう。

 

ヨーロッパの大陸でカフェが出来るのの一世紀余りも早い1554年、オスマントルコの首都コンスタンチノープル(現在のトルコ・イスタンブール)にコーヒー店が登場しました。
登場した頃からスタイルの変わらないトルコ式コーヒーは、コーヒーが好きな人々の間ではターキッシュ・コーヒーと呼ばれていて比較的良く知られた
スタイルになります。
ただ、実際にトルコ式コーヒーを飲んだ事がある人はそんなに多くはないのではないでしょうか。

 

トルコ式コーヒーを簡単に説明すると「ジャズベ(CEZVE)」又は「イブリック(IBRIK)」と呼ばれる真鍮や銅製等の小さなひしゃく型の抽出器具を使い
コーヒーを煮出します。そして、コーヒーの粉を濾さずに上澄みをすすって飲むというものになります。

 

ここからは、トルコ式コーヒーの作り方を見ていきましょう。

 

・コーヒー豆は深く炒った焙煎度合いのものを用意しましょう。
・トルコ式ミルを使用して小麦粉みたいにパウダー状に挽きましょう。
・粉の分量は1人分当たり8gが目安になります。
・砂糖の分量をトルコの言葉で言うと「チョク(たくさん)」「オルタ(中くらい)」「アズ(少量)」「サデ/シェケルスズ(砂糖なし)」となります。
予め個人個人の好みの分量を先に加えておきましょう。
・ジャズベに飲む杯数分のコーヒーの粉と好みの分量の砂糖を入れます。
・1杯分の水の分量の目安として小ぶりのカップ1杯(60~70cc)の水を加えます。
・弱火にかけてスプーンで混ぜながら煮出していく事で少しずつ泡が出来てきます。
・1度沸騰させて火からおろすという作業を2~3回繰り返した後、細かな泡が浮かび上がってくると、トルコ式コーヒーの完成になります。
・コーヒーの粉は濾さず、泡を消さないように気をつけながらカップにそっと注ぎます。
・粉がカップの底に沈むのを待ってからコーヒーの上澄みを頂くようにします。
まったりとした味わいがあり、コーヒー豆の個性をものすごく楽しめる飲み方になります。

フィルターで濾したコーヒーに慣れている人々にとっては、トルコ式コーヒーの飲み心地について賛否両論があると思います。
ところで、コーヒーの粉を濾す抽出方法の歴史は意外と浅いものです。
1710年頃にフランスでネル地の袋を使った方法が始まりとされています。
1763年には輪を取り付けたネル地の袋を容器の中に浸しコーヒーを抽出させるポットをパリのすず細工師ドルマルタンが発明しました。
1800年頃に入り、ドゥ・ベロワというパリの大司教がドリップポットを設計した事でようやく「コーヒーの粉を濾して飲む」というスタイルが定着していきました。

こうした歴史の流れがあり、ペーパードリップや手軽なコーヒーメーカーが氾濫している現代においても、トルコでは変わる事なくコーヒーの粉を濾さずに飲んでいます。
それはどうしてかというと、上澄みを飲み干したカップの底にはコーヒーの微粉末が残ります。トルコではこの様にカップの底に溜まったコーヒーの粉で
占いを行うというのです。
つまり、トルコでコーヒーは唯の飲み物というだけではなく、日々の運勢を占うという役割も果たしているのです。

占いのやり方
・コーヒーを飲み終えたらカップの縁にソーサーをかぶせてひっくり返し、カップの底に指を乗せて祈りを捧げます。
・器が冷めたらカップの底から広がったコーヒーの粉の模様を見て占います。

占いの結果
・全体に流れている場合:好調に展開、周囲からの協力に期待が持てる。
・底に固まったまま:じっと我慢の時、他人との論争は避ける。
・取っての方に流れていたら:大きな幸運に恵まれます。直感力、想像力が冴えます。
・取ってと反対に流れていたら:健康に要注意。
・飲み口の方に流れていたら:直感を過信せず、結論を急がずじっくりと考える。

トルコで泡の無いコーヒーを入れてしまうと、料理が下手でたしなみが無いとされてしまいます。
その為女性達は空気を多く含んだ新鮮な水を使ったり、コーヒー豆の焙煎状態を考えたりして、どうやって泡を立てるかに気を配るそうです。
液体に空気を含ませて泡と化す事でより味わいに膨らみが出来て、泡と一緒にコーヒーを飲む事で更に美味しく感じる事が出来るのだそうです。

トルコをはじめとした黒海沿岸各国では、現在でもコーヒーを使った占いが行われています。新年の初コーヒーの際には、コーヒー豆にあやかり
「何事にも豆々しく」と願をかけてみてはどうでしょうか。
トルコ式コーヒーで見えるあなたの運勢はどんなものでしょう。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA