ドライブのゴール地点にある喫茶店「Rays Coffee」での一杯

最近は仕事に対してストレスがあるのか、休日になるとドライブをする事が多いです。それは、妻と一緒の時もありますが、大抵は一人です。気の向くままに愛車を走らせ、コンビニなどで休憩をして、時には有名な喫茶店に入る事もあります。
そんな半日程度のちょっとしたドライブも、最近特に気に入っているコースがあります。常磐道を走らせ、水戸や日立手前で降りて、そのまま国道245号線沿いを走るのです。これは、海沿いの国道という事で、走っているととても気持ちが良くなるのです。

 

コンビニなども要所要所であるので、休憩するにも持ってこいです。最近はコンビニコーヒーもバカにできないぐらい美味しいですからね。

しかし、最近の私はコンビニコーヒーを飲みません。否、普段は飲みますが、この絶好のドライブ時には喉が渇いても水を飲むぐらいで我慢しているのです。なぜって、目的地となる日立市の駅前にはとても美味しいコーヒーを出してくれる喫茶店があるからです。

 

何も態々、数時間も車を走らせ、それも高速を乗ってまで行く必要があるのか? と疑問に思う人もいるでしょう。確かに、自宅近所にも美味しいコーヒーを出す店はありますし、職場近くにも有名店があります。

 

もっと言うなら、茨城県や日立に限定しなければ、東京や神奈川や千葉などそれこそ数えきれないほど、コーヒーに拘る店があるでしょう。

 

でも、最近気が付いたのは、コーヒーを飲みに行く過程までを全て含めて、美味しいコーヒーに辿り着きたいと思っているのです。常磐道はほぼ渋滞もないですし、交通量も少なく、かつ基本は真っすぐなので走らせやすいです。そして、日立付近ではトンネルなどもありますが、海沿いを走らせたい時は、早めに降りて国道を走ります。それは、常磐道の山から国道245号の海に向かう感覚です。

 

その先にあるのが、「Rays Coffee」(レイズコーヒー)なのです。場所は日立駅の少し先で徒歩数分でしょう。

 

田舎の街というと失礼ですが、そんな場所にポツンとあるとにかくセンス良い喫茶店です。店内の雰囲気などは、私の好みそのものです。店内に入り、それだけでコーヒー好きなら堪らない、豆の香りが鼻や口に広がります。そして、椅子に腰かけドリップコーヒーを注文します。

 

長時間ドライブの疲れもあり、ちょっと目を閉じていると、コーヒーが運ばれてきます。このコーヒーは400円ですが、都内なら倍はしてもおかしくないです。それ程、どんなコーヒーファンも黙らせる絶品です。

 

もちろん、自家焙煎なのは当たり前で、濃い味わいが楽しめますが、同時に何杯も飲みたくなるアッサリさもあります。コーヒーがなぜ好きなのかは、きっとこんな一杯を求めていたからだと、自問したくなる程です。嬉しいのは、これだけ美味しいのに、高いコーヒーでも450円で、ケーキなどのデザートも300円ぐらいで味わえます。

 

何が言いたいかと言うと、エスプレッソなどなら200~300円で一杯飲めるので、500円もあればコーヒーとデザートが食べられるのです。これは、地元の高校生カップルなどには、本当に嬉しいデートになるのではと、毎回来店する度に思います。駅近くという絶好の立地条件で、海も近くて、こんな街で高校時代や青春時代を過ごしたら、きっと楽しかったのだろうと想像しながら、最後にもう一杯おかわりをして、また数時間かけて帰宅するのが、最近のお気に入りの過ごし方です。

コーヒーを飲むために数時間も車を走らせ、また帰りも数時間の運転をする。人によっては、無駄な事をしていると思いますよね。でも、目的地があるっていいものなのです。たとえ仕事のストレスがあっても、あそこに行ってコーヒーを飲めば、”一週間がリセットされる”という感覚が良いのです。

それに、長時間掛けても通いたい店があるって、結構良いものですよ。無駄な事に拘ると、コーヒーの本質を見失わない気がします。

 

店舗名:Rays Coffee (レイズ コーヒー)
住所:茨城県日立市 平和町1-1-3-102
電話番号:0294-89-9152
HP:http://rayscoffee-roastery.blogspot.jp/

コメント