バターコーヒー

コーヒーに合ったお菓子は具体的にどういったものなのかですが、嗜好品ですから、好きなのを好きに食べるのがいいのですが、コーヒーの味も酸味多いフレッシュなものからローストされた香りを楽しめるビターな物まで複数あるのです。

 

スタバ、ドトールなどのコーヒーショップでも軽食販売と一緒にスイーツも扱っていて、ドトールなど浅いりコーヒーをメインに打ち出した店舗もあれば、売鮮度も選べる店舗まで様々。

 

そして、基本的に選び方でコーヒーの特徴に合わせたものを選びましょう。料理であっても豚肉、鶏肉などたんぱくな物はホワイトペッパー、さわやかな香りのハーブ、牛肉など香り強いものはブラックペッパー、臭み抑えられるハーブなど相性いいとされます。そうした感じで好みの組み合わせ発見してみてください。そして焙煎度合いによる大まかな違い把握しそれぞれあったスイーツがあるのです。浅煎りなら焙煎度が軽く豆本来の風味引き立つのです。酸味は熱に弱く焙煎進むにつれて弱くなり、コーヒー豆本来の酸味もあり楽しめるコーヒーに仕上げられます。そして深入りなら焙煎度が高くてコーヒーの特徴の苦みをしっかり楽しめるのです。

フレッシュ感・酸味あるコーヒーより濃く深い味わいが好きな人にいいでしょう。浅煎りコーヒーは酸味感じられる味わいとなってさわやかな味わいのものを合わせてください。レモンパイ、アップルパイなどフルーツとの相性も良くなります。また、エスプレッソ、アイスコーヒーなど苦み引き立つものはそれを中和してくれる甘めのスイーツがいいでしょう。カフェによりアイスクリームにエスプレッソ欠けるなどイタリアのデザートのaffogatoも人気商品。

 

そして、バターコーヒーはシリコンバレー式自分を変える最強の食事で紹介されているもので、最近グラスフェッドバターで作られたバターコーヒーがコンビニで売られていますから探してみてください。実際コーヒー党の私ですが普通のものより断然まろやかでとてもおいしいです。また、本によればバターコーヒーはダイエット以外に脳に絶大な効果あると書かれています。ダイエット、健康でコーヒーは体に良くないといわれるシーンが多々あります。ですが、シリコンバレー式の方法ではコーヒーは完全無欠のものだそう。コーヒーに対して研究進むにつれてコーヒー飲むことにより集中力、パフォーマンスを高くするのが証明されてるのです。脳卒中、糖尿病リスク抑えられるいがに前立腺がんなど一部がん再発防ぐとも言われます。

 

コーヒーは赤ワインと同じぐらいのポリフェノール含有量あって、これが腸内細菌の餌となって善玉菌を増やしていきます。ですが、品質悪いコーヒーになれば話は違って質悪くても得られるメリット多いですが、低品質コーヒー豆は目に見えないカビが発生してることが多くて、これが体に害及ぼしたりします。良質バターに含まれた酪酸塩をマウスに与えてみれば血中コレステロール、中性脂肪を下げる効果ある以外に脳の炎症を抑えることが証明されています。コーヒーに含まれたカフェインは認知機能の衰え抑えてるアルツハイマーの発症リスクが抑制される効果期待できるのです。

 

そして、良質バターのグラスフェッドバターは酪酸が含まれていて脂肪の燃焼効果あるとされます。mctオイルは中佐脂肪酸があって、肥満原因の中性脂肪がつきにくくて消化吸収よくてエネルギーになりやすいのです。良質コーヒーを入れて金属メッシュフィルターを使うのが理想の方法。ミキサーあるいはブラレンダーにコーヒー、無塩グラスフェッドバター、mctオイルを入れて泡がこんもりたまるまで混ぜていきましょう。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA