バリスタチャンプの今後

バリスタの世界大会 通称「WBC」
2014 ワールド バリスタ チャンピオンシップ
チャンピオンになったのは井崎英典さん。
アジアから“初”として話題になりました。

世界大会ですから、もちろんその前に日本大会「JBC」というのがあります。
井崎さんが「JBC」に初めて参加したのは18歳のとき。
あるニュースサイトで、“平成生まれのバリスタ”として紹介されていました。
ワールドチャンピオンとして紹介されている写真に比べるとまだ少し幼さが残っていた印象でした。

当時の所属は福岡「ハニー珈琲」
お父様が経営するコーヒー豆専門店です。
その後「丸山珈琲」へ。

WBCチャンピオンになったあと、なにかのインタビューで井崎さんが今後目指すものとして、テーラーやシェフのように、尊敬される職業としてバリスタが認められるようその地位向上に努めたいと話していました。

井崎さんは2016年1月で丸山珈琲を退社し独立するそうです。
独立後は、企業向け教育システム構築、プロフェッショナルバリスタトレーニング、製品開発、プロモーションをメインとしたコンサルティング会社を立ち上げる予定とか。

世界チャンピオンというバリスタの頂点にたったわけですから、その次は?となると、人材の育成、ブランディングという方向になっていくのかなと思いました。
今後の井崎英典さんに注目したいですね。

さて、写真共有型カフェアプリ「CafeSnap」をご存知でしょうか?
カフェ好きや、カフェのオーナー、バリスタが参加し、カフェの最新情報を写真で共有、こだわりの検索機能からお気に入りのカフェを探せるアプリです。

東京、神奈川、名古屋、大阪、京都、福岡と、全国ではないのが少し残念ですが、ただカフェを紹介するだけでなく、オーナーやバリスタとの対談コラムが掲載されています。
努力してきたこと、チャレンジしてきたこと、その働き方や生き方など、将来カフェを経営してみたいと思っている方には、興味ある内容だと思いますよ。

コメント