フレーバーコーヒーでコーヒーを楽しむ

コーヒーが好きな人は豆にこだわって色々なコーヒーを飲み比べしているのではないでしょうか。
コーヒーはブラックで飲むと、その豆の味が良く分かると言われています。
香りも豆によって違いますよね。
コーヒーをそのまま飲むのももちろん楽しみがありますが、もっと楽しめる飲み方の1つにフレーバーにこだわってみるという方法があります。
フレーバーって紅茶のイメージが強いですが、コーヒーにも色々なフレーバーをつけたものがあります。
コーヒーそのものの香りではありませんが、コーヒーの味とフレーバーの香りでいつも飲んでいるコーヒーとは一味違ったコーヒーを楽しめるのです。
現在フレーバーコーヒーとして販売されている種類は50種類以上もあるという説もあり、フレーバーコーヒーが人気であることが良く分かります。
50種類ってどんな香りがあるのか想像がつかないですね。
パっと思いつくものだけあげたとしてもシナモンとかバニラ、キャラメル、カカオ、アーモンドなどではないでしょうか。
フレーバーは豆を挽く時につけられるものもあれば、コーヒーを入れた後につけるものもあります。香りのつけかたでも香り方が変わってきますので、色々試してみると良いでしょう。

<通販で購入できるおすすめのフレーバーコーヒー>
通販で購入できるフレーバーコーヒーをご紹介します。まずはドリップタイプのコーヒーです。ブルックスのドリップコーヒーキャラメルは、まろやかなキャラメルの香りがする
コーヒーです。お砂糖を入れて飲むとさらに美味しく、ミルクとも相性が良いフレーバーコーヒーです。

同じくブルックスのフレンチバニラは、上品なバニラの香りが楽しめるドリップコーヒーです。そしてヘーゼルナッツは、コーヒーの味とナッツの香ばしい香りが相性の良いコーヒーとなっています。ブルックスのフレーバーコーヒーは甘めの香りが多いので、ダイエット中でスイーツを控えている人にもおすすめです。スイーツ感覚でコーヒーを飲んでお腹を満たすことができます。

続いてご紹介するのは、リエコーヒーのコーヒー豆です。挽いたタイプも注文可能です。こちらのフレーバーは少し変わったものがあり面白いです。

まず1つ目は、バナナクリームです。バナナミルクを思わせる香りのフレーバーコーヒーでカフェオレにするとさらに美味しくなります。2つ目はチョコレートラズベリーです。

チョコレート香りにベリーの酸味が何とも言えないフレーバーコーヒーです。独特の香りなので好き嫌いあるかもしれませんが、病みつきになる香りとも言われています。

3つ目はアイリッシュクリームです。クリームの甘い香りが漂うコーヒーで、ミルクなしでお砂糖だけでもクリームが入っているのではないかと感じるフレーバーコーヒーです。
<自宅でフレーバーコーヒーを作りたい>
フレーバーコーヒーを作る場合、上記で紹介した豆を購入するのが一番簡単な方法ですが、好きな豆でフレーバーコーヒーにする方法もあります。
それはフレーバーエッセンスを購入して、淹れたコーヒーにエッセンスを加えるという方法です。
どのようなエッセンスが購入できるか一部ご紹介します。

オレンジエッセンス、アーモンドエッセンス、グレープエッセンス、バニラエッセンス、
ストロベリーエッセンス、チョコレートエッセンス、バナナエッセンス、マロンエッセンス、メロンエッセンスなど非常に多くの種類がありました。

ただ単独のフレーバーが多いようで、ミックスされたものはなかなか見つかりません。

やはり最初からフレーバーがついている豆を購入したほうが味も確かですし、間違いなく美味しいフレーバーコーヒーが楽しめるのではないでしょうか。

コメント