レモンコーヒーおすすめです

コーヒー好きでこれを読んでいる方なら、コーヒーに飽きてしまう事はないと思いますが、それでも時には気分転換も必要でしょう。ちょっと変わった味を楽しむ事で、よりコーヒーの世界を奥深く知る事になるからです。

コーヒーの味を皆さんはどのように楽しんでいますか? その殆どは、気分次第でミルクを多くしたり砂糖少なめ、或いはアイスやホット、コーヒー豆を変えるぐらいですよね。これも突き詰めると、答えが見つからない世界ですが、もし簡単にコーヒーの別世界を垣間見たいなら、ぜひ熱いコーヒーに輪切りしたレモンを一枚投入して下さい。まるで、紅茶のレモンティーのようですが、これが見事にコーヒーに合うのです。

コーヒーにレモンは邪道だと思うかもしれませんが、それはあなたの先入観の問題です。コーヒーの本場はどこだと思いますか? 諸説ありフランスやエチオピアやブラジルなどと言われていますが、確実なのは日本ではないという事です。そして、多分ですがイタリアやロシアなどは、日本よりも遥か昔からコーヒーが飲まれていたはずです。この両国の共通点は、コーヒーにレモンを入れた”レモンコーヒー”が大変人気ある事です。コーヒーにレモン? と思うのは勝手ですが、世界的にはまったくおかしな飲み方ではなく、それどころか至って普通であり日常的な飲み方なのです。それが最近は日本でも浸透しているのか、東京などの有名な喫茶店では、レモンコーヒーがメニューに登場していますし、隠れたファンも大勢いるようです。

まあ屁理屈や理論武装するより、まずは試しに飲んでみる事をおススメします。あまり堅苦しく考えずに自宅で試すなら、インスタントコーヒーに料理用のレモン果汁をお好みで適量入れてみて下さい。これがコーヒーの苦味が消えるというか緩和され、とてもマイルドになります。

何というか、疲れ知らずのコーヒーに変身し、まるで風邪予防の万能薬になったと個人的には思っています。甘い洋菓子を食べる際、苦いコーヒーを飲むことってありますよね。ですが、逆に甘くないお菓子やパンチ弱いものを食べる時、その際にはコーヒーを甘くしたりミルク多くするより、コーヒーにレモン果汁を投入する事で、十分満足感が得られるのです。夏場などは冷やしたアイスコーヒーに入れても良いですし、お子さん向けでも絶対に気に入るはずです。コーヒーのレモンという組み合わせが当たり前になる日も近いのでは、と個人的には思っていますし、もしかしたら2018年の最新トレンドの仲間入りをするのではと勘繰っています。

ドイツではラムとホイップクリームをのせたり、フランスや同じくイタリアではミルク多くしてエスプレッソのようにして飲むのが主流のようです。どうやら、日本の珈琲マニアのようにブラックオンリーだったり、コーヒー豆に拘るのは案外少数派のようなのです。私も、コーヒーは苦ければ苦いほどよく、年季有る渋い喫茶店でマニアックなジャズを聴きつつ、物思いに浸りながら飲むものだと思っていました。しかし、どうやらそれはコーヒーの世界では、日本独自の間違った解釈のようです。

 

冷静に考えると、コーヒー豆はアフリカ大陸で発見され、その歴史は貧困層への迫害的な意味合いがあります。そんな背景も知らずに、渋くコーヒーを飲むことが至高だと勘違いしていた私は、少し恥ずかしさもあります。

 

コーヒーが美味しい飲み物であるのは間違いなく、これだけ日常に定着した飲み物と確立されたので、いまさらスタイルを変えて飲むことに抵抗を感じる人もいるでしょう。しかし、時には変わった飲み方も良いものなのです。コーヒーにレモンを入れるのが邪道なら、その狭い殻を破り、世界から歴史を学んで下さい。コーヒーとは、その背景や文化も知る事で、また味も変わるものなのです。

コメント