丸福珈琲店千日前本店 歴史のあるクラシックな実力

【店舗情報】

丸福珈琲店千日前本店

住所

大阪府大阪市中央区千日前1-9-1

TEL06-6211-3474、

ホームページ

http://marufukucoffeeten.com/store/one.php?st_id=260

を紹介したいと思います。店の雰囲気はレトロで落ち着きます。レトロと言いましたがなんと昭和9年千日前に創業されたコーヒーの専門店であり老舗です。

 

昭和9いうことは1934年なのであと15年ほどすれば100周年を迎えます。とても歴史のあるコーヒー専門店です。インテリアにもすごいこだわりがあります。主にウッド系のインテリアで統一しており椅子もコーヒー色の革張りです。

 

全体的に上品な茶色が多いです。他にも観葉植物があったりアンティークのコレクション的な置物がたくさんあり見ているだけでも落ち着きますし飽きません。

 

言葉では説明しにくいのですが昭和の時代感を保つために角砂糖、ナプキン、ストローのデザインも戦前から変わりません。逆にどこで調達したのかが気になるぐらいです。

 

人気店ですが、150席あるのでよほど運が悪かったり大人数で来ない限り直ぐに座れます。強いて言うのであれば奥の方の席になると携帯のキャリアや機種によっては電波が通じにくくなりますが、最近では大分改善されているように思います。

 

さらに素敵なステンドガラスも魅力的です。季節にもよりますが夕方に行くと夕日がステンドガラスに当たって幻想的な風景を楽しむことが出来ます。

 

また店員さんのユニフォームも清潔感のある白シャツ、黒のエプロン、蝶ネクタイと落ち着いた印象で品があります。またベレー帽がかわいいです。美人な店員さんがベレー帽をつけていると一日中幸せな気分になれます。

 

雰囲気だけでも十分楽しいのにここのコーヒーとフードは絶品です。コーヒーは自家焙煎の深煎り豆を使っています。こちらは初代オーナーの伊吹貞雄さんが開発したオリジナルのドリップ器具です。初代から受け継がれているドリップ器なのでよほど丁寧なメンテナンスがされているのでしょう。

 

そんなコーヒーに対する愛情も感じることが出来る店です。そしてそのドリップ器を使い熟練の職人が最高の状態のコーヒーをじっくりと抽出します。インテリアに対するこだわりは勿論のこと食器にもこだわっています。

 

カップとソーサーはなんと皇室御用達、大倉陶園製です。昭和の皇族の気分を味わいながらコーヒーを飲むのも悪くありません。この純白高級なカップに継がれた深煎りのブレンドコーヒーは至高です。深煎りですが後味がすっきりしておりとても飲みやすいです。普段はアメリカンを飲んでいる方もこの店のコーヒーならきっと気に入ると思います。

 

ドリンクもいいですが、フードメニューも魅力的です。まずはチーズトーストですが、ふわふわで厚いトーストにチーズをのせて薄っすらと焦げ目がつくまで丁寧に焼いてくれます。朝は勿論のこと昼も楽しめます。そんなにお腹がすいていないときはハムサンドウィッチのサイズ、ボリュームがちょうどいいです。

 

一番お勧めしたいのが当店のスイーツです。ホットケーキも昔ながらのレシピを受け継いでいます。分厚いパンケーキにバターとメープルシロップをたっぷりかけて食べるとおいしいです。2枚あるので食が細い方は1つ頼んで2人でシェアするといいかもしれません。

 

個人的にお得だと思うのが丸福レトロスイーツプレートです。ビスケット、丸福のロゴが入ったドーナッツ、プリンが一気に楽しめます。砂糖を入れないで飲む苦みの効いた自慢のコーヒーを飲みながら食べるスイーツプレートは最高です。

 

お昼やおやつの時間は結構人が多いので私の様に落ち着いた雰囲気でコーヒーを楽しみたいのであれば朝に行くことをお勧めします。

 

11時までならモーニングセットもありお得です。是非とも近くに寄ったら一度足を運んでほしいコーヒー店です。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA