京都の隠れ家的珈琲店ELEPHANT FACTORY COFFEE

京都の飲み物というと宇治抹茶であることは間違いありません。でも京都にはコーヒーの名店もたくさんあります。

 

ELEPHANT FACTORY COFFEE

075-212-1808

京都府京都市中京区蛸薬師通木屋町西入ル備前島町309-4 HKビル 2F、HP無し、本店のみ)は河原町の穴場です。

 

路地裏にある隠れ家的なカフェです。路地裏と言えば少し危険なイメージがありますが、京都の場合路地裏に隠れた名店があることが多いので場所にもよりますが、探検してみると楽しいです。普通に歩いていると見過ごすので気を付けて探さないといけません。歩くスピードも少しゆっくり目で探すことをお勧めします。ちょっと首を上にあげてじろじろ見ながら歩くと見つかります。ちょっと不審者に思われるかもしれませんが、おいしいコーヒーの為だと思えば苦痛ではありません。

 

階段を上るとアットホームな感じの店があります。テーブル席は4人のが2つぐらいで横並びの席が5つほどあります。図書館みたいなインテリアなので本を持っていくのもいいですし店内の雑誌を読みながら過ごすといいかもしれません。

 

食器もおしゃれでかわいいです。店名にちなんだ象さんの絵がさりげなくカップとお皿に描かれています。デザインがかわいいので家に同じ食器が欲しくなるぐらいです。店内のライトもオレンジ色の落ち着いた色です。やはりコーヒーを飲むときの証明は白い蛍光灯よりもオレンジの温かい電球の方が落ち着きます。

 

店内のインテリアも興味深いものが多いので一度ゆっくり見てみると面白いです。ちなみにオーナーさんはインテリア雑貨店でマネージャーをしていた方です。このセンスあふれる店内のデコレーションは長年のキャリアによって磨かれたものなのです。

 

豆の方ですがこちらはオーナーが試行錯誤の結果たどり着いた北海道美幌町のものを深煎り、中煎りで提供しています。深煎り、中煎りそれぞれブレンドとストレートがあります。個人的にはブレンドをお勧めしたいですが、コーヒー豆の味をより深く味わいたい方はストレートの方がいいかもしれません。コーヒーの味ですが酸味が少なく苦みの効いた味です。

 

しかしコーヒー豆独特の甘みやまろやかさが楽しめるとてもバランスのとれたコーヒーです。コーヒー一杯でも店によって全く味が違うので毎回驚かされます。酸味が少ないのでデザートに酸味の効いたものがとても会います。私は当店のチーズケーキをお勧めします。

手作り感のあるケーキですが味がしっかりとしています。ケーキにしては小さいミニタルトといったほうがいいのかもしれません。

しかしこれがまたおいしいんです。このサイズで400円なので少し高いと感じますが、この味なら許せます。コーヒーやケーキ以外にもピザ、紅茶、ハートランドビールがあります。ピザとビールの相性もいいです。

 

すっきりとしたラガーなので悪酔いしませんし暑い日にはコーヒーよりもビールの方がいいかもしれません。この店は変わっていてなんと昼の1時から夜中の1時まで空いています。また喫煙も出来ます。

 

夜になると仕事帰りのサラリーマンや終電を逃した方も結構見かけます。私のお勧めは京都でご飯を食べた後に寄って一人席で小腹を埋めるのと頭をすっきりさせるためにコーヒーとチーズケーキを頼むことです。

 

夜に一人で時間を過ごしたいけどアルコールはいらないという時にはぴったりの店だと思います。9時を過ぎたあたりから営業していてそれなりに落ち着いた店と言えばバーぐらいですが、お酒を頼まないといけません。

しかしここならお酒を頼まなくてもいいですし混んでいなければ長居してもかまいません。まさに隠れ家というにふさわしい場所です。もしも京都で夜に時間があったら寄ってみることをお勧めします。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA