今日のコーヒーはどんなカップで飲む?

コーヒー、ほぼ毎日のように飲んでいます。一体どこで誰と、どんなシチュエーションで…とその状況で味も違ってくるような気がします。

ちなみにわたしが一番最近飲んだコーヒーは、寒さゆえに買ってしまった県庁の自動販売機の「お砂糖控えめ」ボタンを押したにもかかわらず甘ったるかったコーヒーです。普段ブラックで飲んでいる人間にはなかなかつらいものでした。

さて、シチュエーションにふくまれるものとして、どんなコーヒーカップで飲むか…いえ、湯のみで飲む方もいらっしゃるかもしれません。今日のわたしのように紙コップだった、ということも、場合によってはあります。テイクアウトのコーヒーは紙コップのことが多いですからね。

いつもと同じ銘柄、同じように淹れたコーヒーでも、どんなカップを口にするかで味まで変わってくるような気がします。

カフェ、というよりも「コーヒー専門店」「喫茶店」でお客さんにカップを選ばせてくれるお店に何度かめぐりあったことがあります。

薄いカップは口当たりが繊細で、フルーティーで少し酸味のある上品な味がするような気がしました。また、ぽってりとした厚手のカップは中身まで優しい味になる気がしますし、コーヒーが冷めにくいので、ゆっくり友だちと話しながら飲むのに向いているような気がします。

お店の人とのコミュニケーションも楽しみの一つになりますよね。こういうお店は。大体お店の方もおしゃべりが好きな人であることが多いです。

「グァテマラだったらこっちのカップのほうがいいかなーって思いますけど」なんて言われる感じですかね。

個人的に毎日のコーヒーには、知人が趣味でやっている陶芸の作品の湯のみ、と呼べるのかフリーカップというのか、持ち手のない細長いカップで飲むことが多いのですが、作り手の性格まで反映されるのか、コーヒーまで真面目で繊細なちょっと無骨に感じることさえあります。

情熱家が焼いたカップだからか、冷めにくいような気がしますが、まあこれは気のせいでしょうね。

昔行きつけだったカフェでコーヒーを頼むと、こちらでもマイナーな陶芸家の方の作品の優しい手触りのカップで出してくれました。ゆったりした、優しい味でした。

ときどき、真っ白なごく普通のカップで出てくることもあったのですが、不思議なことに同じブレンドコーヒーでも「あれ?なんかいつもと味が違う?」という感じがしたのです。器の力は侮れませんね、見た目からの気分だけではなくて、味わいまで変わってくるのでしょう。

コメント