六曜社 珈琲店 京都人が愛す老舗喫茶

お茶よりも珈琲を好んで飲む京都人にとって、なくてはならない老舗の喫茶店。
それが『六曜社 珈琲店(ろくようしゃ こーひーてん)』です。

 

移り変わりの激しい三条~四条の繁華街の真ん中で、変わらない昭和の香りとどこか異質な空気を漂わせながら佇んでいます。
こちらの喫茶店は1階と地下1階に分かれており、それぞれ違う種類の珈琲を味わうことができます。
初代マスターが亡くなられてからは2代目と3代目のマスターが1階と地下で初代の味を受け継ぎ、お店を守り続けておられます。
そして、六曜社 珈琲店の熱狂的ともいえるファンである地元の常連さん達が長年お店を支えているのです。

 

お店のレトロな外装もさることながら、一足踏み込めば昭和へタイムスリップ。
懐かしさのある良い古さを残しながらも、上質な大人の空間、お洒落なレトロ感を演出されていて最高の非日常世界に仕上がっています。

 

私のおススメは地下の珈琲と、いっしょに注文する特製ドーナッツです。
特にドーナッツは有名で京都のガイドブックでも紹介されているので、海外の方や観光客とみられる方がよく注文されているのを目にします。

 

お店の階段を下りて、地下の店内に入った瞬間、珈琲の良い香りが鼻を突き抜けます。
珈琲をたてるマスター。狭い店内の少しうす暗い落ち着いた照明とBGM。赤みがかった壁とレトロな小物たち。いつからそこにいるのか、カウンターに座る常連のおじさん。
すでに嗅覚と視覚が癒されながら、これまた色味の落ち着いたレトロなソファに深く腰かけるともう完全に時間も現実も忘れます。
静かに読書をしながら珈琲とドーナッツを待ちます。贅沢な時間です。

運ばれてきた珈琲はお洒落なカップに注がれて黒く輝いています。
何も足さず、香りを楽しんで一口味わいます。
鼻に深い香りとコク、舌に丁度良い苦みと酸味がのって喉に熱が通っていき胃が満たされます。
一気に幸福感で満ち足ります。そして、同時に注文した素朴な味わいのドーナッツを頂きます。
ドーナッツの優しく懐かしい口当たりと甘みが口いっぱいに広がって、珈琲の苦みと混じり合って…。
この組み合わせが合わないわけがありません。また、このシンプルなドーナッツだからこそ合うんです。
若い方には新鮮で、年配の方には懐かしさで満たされることでしょう。年代問わず、実際に食べて飲んでみてほしいです。

 

最近では大型チェーンのコーヒーショップが大人気ですが、少し憂いをおびた物悲しい雰囲気の喫茶店にも目を向けてはどうだろうかと思うのです。
ストレス社会に疲れ果て都会の喧騒から離れたい時には、六曜社 珈琲店のような昔ながらの喫茶店をオススメしたいです。

 

六曜社 珈琲店は、まさに「珈琲とは、喫茶店とはこういうものである」の代表格といっていい存在です。
珈琲愛好家の方も、そうでない方もぜひ足を運んでみて頂き、その目と舌で確かめて頂きたいお店です。
喫茶店でありながら、朝早くから夜遅くまで精力的に営業されているので、モーニングやランチといった食事も頂くことができます。
夜はバーとしても営業されているので、興味がある方は夜の喫茶店をのぞきに行ってみてはいかがでしょうか。
昼間とはまた一味違ったレトロなお洒落さと大人の雰囲気が存分に楽しめるのではないかと思います。
■ 六曜社 珈琲店(ろくようしゃ こーひーてん)店舗情報

・住所
京都府京都市中京区河原町三条下ル大黒町36

・アクセス
京阪「三条京阪」駅から徒歩約5分

・TEL(予約)
1F   075-221-3820
地下 075-241-3026

・営業時間
1F  8:00~23:00 ※モーニングサービスは8:00~11:00、ランチ営業有り
地下 <珈琲>12:00~18:00 <Bar>18:00~24:00

・定休日
年中無休 ※地下のお店は水曜休

・備考
公式サイトなし、駐車場なし、喫煙可能

コメント