初心者でも失敗しない、手動のコーヒーミルの選び方

コーヒー愛好家ならば、豆を挽く段階から自分で行った方が新鮮で美味しいコーヒーが飲めることを知っています。
コーヒーミルは美味しいコーヒーを飲む為の必需品なのです。
コーヒーミルには電動式と手動式があり、手軽に豆を挽くには電動式の方が便利です。
しかし美味しいコーヒーをたしなむためにはやはり手動式でないと、という愛好家も多くいます。

手動コーヒーミルは、ゴリゴリとした手ごたえを感じながら自分でハンドルを回してコーヒー豆を挽くのが醍醐味と言われています。
じっくり手で豆を挽くことで、香りを楽しむという贅沢も味わえます。

初心者向けに、コーヒーミルを使用するメリット・デメリットと選び方について紹介します。

・手動のコーヒーミルのメリット

手動のコーヒーミルのメリットは、デザインがレトロで雰囲気があるという点です。
コーヒー専門店の様な高級感があり、いかにも愛好家向きのデザインの商品もあります。
また、電源が必要ない分持ち運びができて、自宅だけではなくアウトドアで本格的なコーヒーを淹れて楽しむことができます。
贅沢に香るコーヒーは、開放感と共に一層美味しく感じられるのです。

手動のコーヒーミルは電動式に比べて値段も安く、中には3000円程度で購入できる商品もあります。
初心者で自宅でも美味しいコーヒーを飲みたいと思う人に向いています。

・手動のコーヒーミルのデメリット

手動のコーヒーミルのデメリットは、今すぐに飲みたいと思っても出来上がるまで時間がかかる、という点です。
基本的にコーヒーミルは1杯分を作るものが多く、複数の人数分のコーヒーを一度に作りたい、という人には不向きです。

・ミルとグラインダーの違いとは

コーヒーミルを検索していると「グラインダー」という商品がヒットします。
同じコーヒー豆を挽く機器ですが、何か違いがあるのでしょうか。

ミルとグラインダーは基本的には同じで、コーヒー豆を挽く機器です。
ミルは一般家庭で使用する小さなサイズのものを意味していて、グラインダーはコーヒー専門店などで見かける大型のもの意味することが多いだけです。
グラインダーの方がより細かいレベルで豆挽きができるという特徴もあります。
ミルでもグラインダーでも自分が欲しいと思うものを選んで大丈夫です。

・手動のコーヒーミルの選び方

初心者が手動のコーヒーミルを購入する時には、以下の様な選び方のポイントがあります。

1.重さをチェック

手動式のミルはハンドルを回す時には結構力が必要です。
軽い方が楽ではと思いますが、実はある程度重さがある方がしっかりと固定させてハンドルを回せるので、扱い易いのです。
軽いものが良いという人は、力を入れられるものや、テーブルなどに固定できる様になっているものを選ぶ様にしましょう。

2.ハンドル部分

一般的なミルはハンドルを横方向に回すのですが、中には縦方向に回すタイプのミルもあります。
これは好みで選んで構いませんが、ポイントとしては力学的な面からハンドルが長い方が楽に回せます。

3.フタあり・なし

豆を入れる部分にフタがあるものとないものがあります。
手動式のミルはハンドルを回している時に結構力が必要で、豆がこぼれることが多いです。
気合いが入っていつの間にか傾いてしまっていることもあります。
なので、初めて購入する人はまずはフタありのものを選ぶのがおすすめです。
慣れてきて力の入れ加減をマスターして、尚且つ香りを楽しみたいと思ったらオープンなものを選びましょう。

4.デザイン性

手動式コーヒーミルには実に様々なデザインがあります。
シンプルなものからレトロな雰囲気のものまで幅広く、手間暇をかけてコーヒーを作るのですから、自分の好みのものを選びましょう。
但し、アウトドアでコーヒーを楽しみたいと思う人は、軽量でコンパクトなモノの方がおすすめです。

5.値段

手動式のコーヒーミルの値段は、1500円~20000円前後と非常に幅広くなります。
デザインに凝る程高くなるのですが、目的は同じですので、予算に合わせて選びましょう。
コーヒーは作る段階から豊かな香りで気持を癒してくれます。
手動式コーヒーミルでじっくりとコーヒーを作り、至福のひと時を味わいましょう。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA