Nordic cafe Rajakivi 日本では珍しい北欧のコーヒーが飲めるカフェ

日本では珍しい北欧のコーヒーが飲めるカフェゆっくりとくつろげるような空間になっています。

 

私が紹介するオススメのコーヒーショップは、Nordic cafe Rajakiviです。場所は愛知県名古屋市中区にあり、静かな通り沿いにあるカフェで、お一人様でも気軽に立ち寄れるような雰囲気があります。

 

お店の中に入るとカウンター席とテーブル席があり、お一人様でもグループでも気軽に利用ができる店内になっています。店内は落ち着いた北欧のインテリアでまとまっていて、居心地の良い店内です。Rajakiviの店内はシンプルながらも北欧の風を感じるデザインがおしゃれで、幅広い年齢層の方に愛されています。

 

Rajakiviには、食事メニューとカフェメニューがあり、サッとお食事を済ませたい時は食事メニューの丼物を食べます。北欧カフェでありながらも、和食メニューを食べることができるので、なじみない人でも安心できます。ゆっくりと過ごしたいときは、パンケーキを注文します。ここのパンケーキはただのパンケーキではなく、北欧流のパンケーキが出されます。私は甘いものがあまり好きでは無いのですが、ここのパンケーキのトッピングのクリームは甘くないので、飽きずに最後まで食べられます。北欧流のパンケーキはもっちりとした食感が特徴のパンケーキになっていて、なおかつクリームは砂糖が入っていない甘さ控えめのクリームが使用されるため、甘いものが苦手な人も安心して食べられます。

 

このお店を紹介するにあたって、最もお勧めしたいのが、日本では珍しい北欧のコーヒーが飲めることです。もともといろいろなコーヒーが好きで、これまで様々なお店のコーヒーを飲み歩いてきましたが、Rajakiviで取り扱っているコーヒーの中のフレーバーコーヒーは特にオススメです。私のお気に入りはバニラフレーバーです。甘いものは食べていないのにも関わらず、コーヒーの香りをかいだだけでスイーツがそばにあるような気持ちになります。ダイエット中の人もバニラフレーバーのコーヒーを飲めば、満腹中枢が刺激されるのではないでしょうか。

 

もちろんコーヒーの味も本格的で、爽やかで飲みやすいコーヒーなので、香りから味までしっかり楽しめるコーヒーで、心が癒されていきます。また夏の時期にはチョコミントフレーバーのコーヒーを飲むと、バニラと違った清涼感を感じることができるのと、ふわりと甘いチョコの香りが広がり、夏の暑さを吹き飛ばすかのような美味しさがやみつきになります。

 
北欧はコーヒーの消費量も高く、日本であまりなじみのない本格的なコーヒーを楽しむことができます。

 

Rajakiviでは、北欧コーヒーのほかに北欧紅茶や北欧ジュースなども取り扱っていて、日本にいながらも北欧旅行に出かけているかのような雰囲気を味わえます。北欧に行かなくても良心的な値段で、北欧のコーヒーが飲めるので、気になる方は旅行に行くつもりでRajakiviへ行ってみると良いでしょう。

コーヒーにあうスイーツも充実していて、スイーツも北欧で楽しまれているものばかりで、日本のスイーツとは違ったシンプルながらも奥深い味わいが楽しめるの、ほろ苦いコーヒーとスイーツの組み合わせも最高です。甘さや苦味、酸味や香りなどの相性やバランスが良く、コーヒー消費国ならではのメニューを忠実に再現していることがわかります。

またRajakiviでは、北欧のパンや北欧のイベントに合わせた期間限定のメニューなども登場するので、1年中通い続けても飽きない魅力があります。どの料理も全てコーヒーによくあうメニューになっているので、モーニングからカフェタイムまで、時間を忘れて過ごすことができるでしょう。

住所
愛知県名古屋市中区金山 2-11-1 アーバンハイツ金山1F
営業時間
8:00〜18:30 (18:00L.O.)
定休日
月曜日(祝日の場合翌日火曜日振替)
電話 & FAX
052-253-7632
ホームページ http://www.rajakivi.com/

コメント