千里中央の直火式焙煎 ヒロコーヒー 千里セルシー店

【店舗情報】
店名:ヒロコーヒー 千里セルシー店
住所:大阪府豊中市新千里東町1-5-2 千里セルシー2F
電話:06-6834-1050
営業時間:9:00~22:30
サイト:http://www.hirocoffee.co.jp/index.html

千里中央といえば交通の要衝で駅周辺には多くの飲食店があり、珈琲専門店も近くに複数件あり競争が激しいです。
ヒロコーヒーはケーキとコーヒーが有名で、昭和52年の創業で40年の歴史があり江坂や大阪梅田などに店舗があります。
店の入口は木でできた看板が掲げられHIRO珈琲という年季の入った文字とデザインが描かれ、入る前から期待できそうな感じです。
店に入ると販売スペースと喫茶スペースに分かれ、カウンター席の背後には白いコーヒーカップが美しく花びらのように並べられテーブル席は二人がけが多いなどまさに庶民的な喫茶店という雰囲気があります。
販売スペースはまさしくコーヒー豆やポットなどの器具が所狭しと並べられ、店のこだわりや自信を感じたものです。
冷蔵庫には冷たい飲み物やデザートなどが並べられるなどテイクアウトを強化しているような感じで、多くの種類の商品を販売することもありにぎわっていました。

ヒロコーヒーはコーヒーとケーキなどのデザートが中心で、他の珈琲専門店と比べると価格が安めのため気軽に立ち寄れます。
私が注文したメニューはハードチーズケーキとスペシャルアイスコーヒーを注文し、昔ながらの雰囲気を味わいながら食べると良いものです。
千里セルシーは1972年と歴史が古い建物ですがヒロコーヒーは入れ替わりが激しい中長続きでき、多くのリピーターがいるためににぎわっています。
コーヒーはアイスにしましたが、シロップとミルクは別の容器で提供されるなど昔ながらの方法で夏場に入ったこともありリラックスできて良かったです。
コーヒーの豆はコロンビアやブラジルなど多くの産地があり、農園にこだわって選ぶなど工夫しています。
コーヒー豆は植物の実は赤いというギャップがあるものですが、ヒロコーヒーで使う種類は契約農園から仕入れることが特徴です。

私がこの店に入ったきっかけはただ単に通りかかった時に見つけただけですが、実際に入ってみると本格的な味わいを堪能できました。
スペシャルアイスコーヒーはブラジルの豆を使っているとのことで、普段のコーヒーとは違った深い味わいがありケーキと合うために楽しめたものです。
店内はテーブル席が中心ですが数が少なく販売店も兼ねているため、時間を潰すために利用する雰囲気でないものの味はおいしくて満足できます。
ヒロコーヒーは複数の店があり好みに合わせて選べますが、場所によって個性的なため他の店にも立ち寄ろうと考えたものです。
コーヒーはハンドドリップで淹れますが上質の豆を使うため本格的な風味を味わえ、ケーキと注文しても830円と安くて驚きました。

千里中央はバス路線が多く発着し難波や梅田からも乗換なしで来れるためよく行く場所で、店が多くあるため迷いやすいですがヒロコーヒーは本格的な味わいを堪能できます。
コーヒーは豆の選び方や淹れ方によって味が変わりやすく、この店は注文を受けてから作るため期待を裏切らないことが良いものです。
ヒロコーヒーは昔ながらの雰囲気を感じますが店内は狭く、混雑しやすいものですがやはり何度行っても空きないように作られています。
ケーキはコーヒーと一緒に味わうと本格的な風味を堪能でき、直火焙煎のため深みのある仕上がりになっていてリピーターが多いようです。
ケーキはチーズ以外にチョコレートなどもあるため興味深く、テイクアウトでも販売されているため自宅でも本格的な味を楽しめます。

ヒロコーヒー千里セルシー店はコーヒーとケーキを味わうために考え、近くに行く機会があれば立ち寄ってみると良いかもしれませんね。

コメント