友好的なコーヒーとのつきあい方

皆さんは仕事でもプライベートの際でも少し一息を入れたいと思った時はどのようにしてリラックスしているでしょうか。

 

ある人は体操をしたり、喫煙者の方は煙草に火をつけたりと、人それぞれにリラックスの仕方は違うとは思いますが、まずたくさんの人が好んでいる行動として挙げられるのがコーヒーブレイクであると思います。

 

私も1日の内にコーヒーで一服しない日は無いほど愛飲しております。そんなコーヒーをもっと楽しんでいくにはどうすればいいか考えてみました。

まず一つとして味を楽しむ、つまり今飲んでいるコーヒーをもっとおいしくすればもっとコーヒーを楽しめるのではと思います。普段飲んでいるコーヒーをもっとおいしく楽しむにはどうしたらいいでしょう。

豆を高級豆に変更する
非常に有効な手段であると思います。また、単純に高級な豆を購入するだけでなく、品種を変えたり産地を変えたりすることでいつも飲んでいる品種でも違った面が出てきてより深い楽しみが出てくるかもしれません。

また、自分の新しい味の好みにであるかもしれませんので、新たな発見と出会えるかもしれません。

コーヒーの淹れ方を変えてみる。
たとえば、普段はインスタントコーヒーを楽しんでいるのであれば、コーヒーミルで豆から炒ってみるというのも違う楽しみ方ではあると思います。そのためには時間や道具などの費用がかかりますが、コーヒーミルにて豆をいる作業は単純に作業というよりは香りを楽しんだリラックスタイムとしてコーヒーブレイクに添える楽しみとしてできるのではないでしょうか。

 
もし、そこまでの時間がかけられないという方であれば、コーヒーを淹れる際の湯の温度を気にかけてみてはいかがでしょう。普段ポットのお湯からコーヒーを淹れているのであれば、ケトルで沸かしたお湯を使用するだけでも全然違います。一般的にコーヒーは95℃程度の熱湯で淹れると風味が一番活きた状態で楽しめるといわれてますので、コーヒーの温度は味を楽しむ上で非常に重要だと思います。ひと手間ではありますが、この手間がコーヒーとよりいい関係を保つための一工夫でありますので、時間に余裕がある方であれば是非試して頂きたいと思います。

しかし、例えば仕事中等でそういった道具もなく、あるいは時間にあまり余裕がない方もたくさんいらっしゃると思います。私も仕事がら時間に追われながらゆっくりコーヒーを楽しむ事が出来ないことが多々あります。ただ、そういった中でもコーヒーを少しでも楽しむために気を付けていることがあります。

 

それはコーヒーブレイクをする際はできる限り机などから離れ空気の良い外などで飲むようにしています。つまり、良い環境で飲む様に心がけています。コーヒーを飲んでゆっくりする際は出来る限り気分転換が出来る様に、空を眺めながら等作業から離れた環境に身を置く様にしています。するとブレイク後は気分も新たにすっきりした気持ちでまた作業に取り掛かることが出来るので、非常に有効的です。コーヒーブレイクは気分転換にはもってこいなのです。

しかし、状況によってはそういった余裕すらない時もあります。つまり作業場を離れることができないくらいに目が回る様に忙しい時などです。私の仕事は普段はそういった状況におかれることはめったにありませんが、年に数回はそういった余裕が無い時がおとずれる事があります。ですが、どれだけ忙しくてもコーヒーを飲むときはある程度の時間をかけることは作業を行う上で非常に重要な時間だと考えていますし、その時間も作業時間の一つであると思います。どれだけ忙しくても5分間のコーヒーブレイクを取ることが良い作業を行う上でとても大切なことであると信じているからです。

以上が私のコーヒーを楽しむコツのようなものですが、参考になるかわかりませんが皆さんもそれぞれのコーヒーを楽しむ方法を持っていただければと思います。

コメント