喫茶 ロータス ほっこり、ゆったりくつろげるアットホームなカフェ

土浦の東口を出て、右側の桜川に架かる橋の方向へ行き、桜川に掛かる橋を渡ってすぐの道路向かいに見える「りらく土浦店」の先の道を左に曲がって、800mほど真っ直ぐ行くと、小さくて綺麗な山小屋のようなカフェ「喫茶ロータス」があります。
何もないような場所の中にぽつんと一軒ある、可愛らしい感じの小さなカフェです。ちょっとだけ一休みしたいなと思う時にアットホームで、くつろげそうなカフェです。今時ではちょっと珍しいと思うようなアットホームなカフェ。

 

初めてこのカフェ「喫茶ロータス」のドアを開けて入ってみた時、「ここ土浦にもこんな可愛らしくてアットホームな感じのするカフェがあったんだ」と思わず、ホッコリとした気持ちになりました。
何気なく入ってたのですが、ご夫婦二人でドリップコーヒーを手で淹れている、ちょっとこだわりのあるカフェでした。ランチには昔ながらの喫茶店で出てくるような美味しい焼肉をいただいてから、食後にドリップコーヒーを飲みながら、「ホッ」と一息。

 

駅から離れているのもあって静かな雰囲気の店内で頂くコーヒーが頭の先から足の先までほぐしてくれるような深い味わい。ふだん行っている、外のカフェではあまり感じることの無い、体の中の疲れが一気に抜けていくようなリラックスが午後のひと時を贅沢に感じさせてくれます。
こんなにもリラックスしてしますのは、この小さな喫茶店が駅から少々離れているだけでなく、「天井が高くて、綺麗な山小屋」にいるような感じを味わわせてくれることにあるような気持ちがします。

 

テーブル席がカウンターの席が5席の何気ない、小さな喫茶店なのですが、不思議なくらいにホッとさせてくれる空間です。いつもそれほど人が入っていないことが多いですが、その適度な静けさがなんとも居心地のよい感じを与えてくれます。
それは、おそらくこのお店を経営しているご夫婦が何よりもリラックスできる空間作りを目指しているからだと思います。
今ではもう土浦には住んでいない私ですが、土浦駅に用事がある時には、「ちょっと一休み」と、つい寄りたくなってしまうんです。「ホッコリしたいな」と思う気持ちでいる時には行きます。
おしゃれな都会のカフェとかにはない、くつろげる雰囲気の空間があります。なんだか懐かしいような優しい気持ちになりたい時、疲れた時など、ふと立ち寄ってみるのがいいと思います。意外な場所にひっそりとたたずんでいる、この「喫茶ロータス」に。
「ロータス」という名の由来は、「蓮河原」という地名の場所にあることから、「蓮」を英語で「ロータス」というため、名付けたそうです。そのシンプルなカフェの名前も私は気に入ってます。この土浦の地域で愛されるように店主がこの名前をつけたようです。営業時間は、朝9時~夜7時までで定休日は日曜日です。
ランチメニューは毎週変わります。ポークステーキや豚バラ炒め、ハンバーグやナポリタンなど、家庭料理らしい懐かしく美味しいランチばかりです。
ランチをしないで、ハンドドリップで入れたこだわりのドリップコーヒーだけを飲みたい方でも一杯500円で飲めます。
詳細はホームページがありますので、確認してみてください。

https://www5.hp-ez.com/hp/coffee-shop-lotus/page1
この「喫茶ロータス」のホームページには、「息子のコーヒー知恵袋」という、コーヒーに関しての詳しいことが書かれたブログがあって、コーヒーの好きな方でもそうでもない方でもちょっと読んでみるといいと思います。「コーヒーっていろんな種類があって奥深いんだなぁ」と私は思いました。
全く気取っていなくて、懐かしい感じがして、なんだかホッとリラックスができる雰囲気のカフェなので、きっと癒されると思います。
「喫茶ロータス」

https://www5.hp-ez.com/hp/coffee-shop-lotus/page1
所在地

茨城県土浦市蓮河原新町13-24(土浦駅東口から1kmちょっとです)

朝7時からよる19時 日曜日定休
電話番号 029-828-7804

コメント