大人のブラック

コーヒーを飲み始めたのは、20歳頃だったと思います。それまでは、あまり興味もなく、どちらかというと紅茶派だったのですが、学校の友達と出先でカフェに入る機会も多くなってきて、自然と飲むようになりました。

ドーナツ屋さんやファーストフードで紅茶をお願いすると、カップに熱湯とティーバッグが入れてあるものをサーブされることも多くて、何となく残念な気分になった事も、少し影響しているかもしれません。
飲み始めた頃は、ブラックではとても苦くて飲めませんでした、でも、コーヒーに付いてくるコーヒーフレッシュはどうしても好きになれずに、いつもカフェラテやミルクコーヒーといった、牛乳が入っているものを注文していました。
そんな中、コーヒーをブラックで飲んでいる人が、大人に見えて仕方がありませんでした。自分の親達も、コーヒーに必ずクリームと砂糖を入れる派だったので、あまりブラックでコーヒーを飲む人を身近で見ていなかったこともあり、ブラックでコーヒーを飲んでいるだけで、その人がかっこよく見えてしまう位でした。今思うと、とても危険だなと思いますが…。
こんな私でしたが、今ではブラックコーヒーが飲めるようになりました。それは、美味しいコーヒーを飲む機会に恵まれたからです。
大学の恩師の研究室で、恩師が丁寧にハンドドリップしてくれたコーヒー。砂糖もコーヒーフレッシュも添えず、マグカップでどんとサーブされました。え、ブラックで飲むのかあ…と、せっかく入れてもらったので飲まないわけにもいかず、えい!と一口すすってみると、それまでのコーヒーは一体なんだったのか…と思えるほど、そのコーヒーは美味しい飲み物だったのでした。
それ以降、少しずつ、カフェに行くたびにブラックコーヒーをストレートで飲むようになり、豆の種類によって味が違うんだ、ということも舌で理解出来ました。
牛乳を混ぜても美味しいのですが、コーヒーの味を楽しみたかったら、やはりストレートだな、と思います。カフェで、クリームやトッピングをてんこ盛りにしたコーヒーを注文している学生さんたちを横目にブラックコーヒーを注文するとき、「私も大人になったな…」と思います。
だからと言って、産地などの細かい違いにうるさい、というようなこだわりは生まれず、「美味しかったらなんでも大丈夫」で、カフェオレや、クリームを載せた季節限定コーヒーも飲む、というように、ズボラにコーヒーを楽しんでいます。

コメント