大阪が誇る珈琲店 丸福珈琲店

【店舗情報】
住所:大阪市中央区千日前1-9-1
電話:06-6211-3474
営業時間:8:00~23:00
サイト http://www.marufukucoffeeten.com/

大阪難波にある千日前といえばミナミの中心部で繁華街というイメージがありますが、老舗の珈琲店があり全国でも知名度が高いです。

この珈琲店の名前は丸福珈琲店本店で、昭和9年に難波千日前に開店して実に80年以上の歴史があります。

 

この店の最大の特徴は戦前の開店当初のスタイルや内部の雰囲気が現在まで継承されていることで、クラシカルな中で本格的なコーヒーを味わえることです。

 

私もこの店の商品はスーパーなどで購入して行く機会があればいつかは試してみたいと感じ、実際に入ってみると昔ながらの雰囲気を感じました。この店のこだわりは白磁のカップとソーサーに角砂糖を2つ備えミルクを専用の容器に入れる昔ながらの方法を貫き、伝統を受け継ぐことで丸福珈琲店のコーヒーのイメージとして定着していることです。

 

コーヒーは初代のオーナーが考察したドリップ器具を使い、熟年の職人が抽出する方法で淹れるため単純ではあるものの本格的な味わいを堪能できます。カップとソーサーは皇室御用達の大倉陶園製であるため高級で優雅な雰囲気を堪能でき、ホットケーキとともに味わうと気分をリラックスできます。

 

丸福珈琲店は80年以上の歴史があるため独特な雰囲気を感じる店内であり、天井を見ると昔ながらの氣分になれてソファーに座るとタイムスリップをしたような感じがあります。

 

最近のコーヒー専門店は新しいデザインを中心に採用しがちですが、この店は歴史があるため古き良き時代を思わせるようなものを随所に見ることができて人気が高いです。

 

店内は150席と多いですが外国人観光客などが多く利用することも多く、休日になると満席になる時間帯も増えています。このようなクラシカルな雰囲気で味わうコーヒーは後味が良いためにリピーターが多く、実際に注文して味わうと今までとは違った感動ができて良かったです。

 

私はこの店で珈琲ロールセットを注文しましたが、高級な雰囲気があるため他の店よりも価格が高いものの満足して味わえました。店のメニューはホットケーキやケーキなどもあり一人でもゆったりとくつろげますが、利用者はグループでまとめて入ることが多く人気があることを実感しました。

 

この店のコーヒーは初代のオーナーの伝統を受け継ぐことで原始的な方法で作られ、本格的な味わいを楽しめるため通販サイトでも人気が高いです。角砂糖といえばやはり昔の喫茶店のイメージが強く、懐かしさを感じながら珈琲店の味を堪能できることがポイントですよね。

 

大阪は他の都市と比べると珈琲店が多くて競争が激しいですが、丸福珈琲店は昔ながらのスタイルをそのまま現在まで貫き通すことが特徴です。コーヒーはプロが淹れているためシンプルながらも苦味や酸味などのバランスが良く、店内の雰囲気と相まってゆったりとリラックスができました。ミルクを入れる銀色の容器は見るだけで昔の喫茶店というイメージをしやすく、私自身がまだ幼い頃の雰囲気を感じながら懐かしくなったものです。

 

丸福珈琲店千日前本店は他の店舗と違って戦前の雰囲気を色濃く残し、現在の街の状況とは対照的に感じるためメディアなどで注目されています。

 

大阪で昔ながらの雰囲気を味わえる喫茶店といえば丸福珈琲店ですが、千日前本店はその中でも別格というイメージがあります。市内には昔ながらの雰囲気を持つ喫茶店も多く残っているため、色々研究してみると興味が湧くものですよね。

 

この店のコーヒーはやはり大阪人でなくても特別な雰囲気を感じるため、旅行や出張などで立ち寄って味わうと記念に残りますよね。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA