大阪本町にある歴史ある喫茶店!平岡珈琲店

“【店舗情報】
店名:平岡珈琲店
住所:大阪市中央区瓦町3-6-11
電話:06-6231-6020
営業時間:9時~18時
サイト:なし

大阪市中央区の本町といえばまさしくビジネス街で、多くの企業があり飲食店が立ち並んでいます。
大阪市の中心部を南北に貫く道路といえば御堂筋ですが、駅から淀屋橋方面に歩いて右側のビルの一角にたたずんでいる店こそが平岡珈琲店です。
レンガ調タイル貼りの建物の一階にあり、見るからに昭和時代にタイムスリップをしたように感じさせてくれます。
店の入口には「珈琲」というのれんがかかり、上には六角形の枠の中に「平」という文字がまさしくこだわりを感じていいものですよね。
店のアピールの方法は平岡珈琲店の店名に自信や愛着があるようで、見ててほっこりさせられる感じがあり期待を裏切らないと思い男一人ですが扉を開けて中に入りました。

平岡珈琲店はやはりこの大阪において昔ながらの伝統を守っているのか、昭和初期の喫茶店の雰囲気を体現するかのようなたたずまいがあります。
店内はカウンター席とテーブル席が用意され、椅子や机、テレビ、時計など、まさしく懐かしさを感じさせるように仕掛けられていることが特徴です。
創業は大正10年と古く100年近くの歴史があり、メニューは深煎ブレンドコーヒーと手作りドーナツと単純ですがかなりファンが多いこともうなずけます。
コーヒー豆はテイクアウトで販売され、様々な種類があり自宅でも店の味を楽しめるよう配慮され自信があると感じさせてくれるものです。
私はこのような店は並々ならぬ雰囲気を感じるため興味深いもので、メニューが少なく単純明快ですが、まさにシンプルイズベストともいえます。

大阪のビジネス街でも有名な本町周辺は飲食店が多く昼間になればビジネスマンが食事をするために散っていくものですが、この店も支持されているようで私がいる時間帯でも混雑していました。
店内は壁画が飾られて長くいても飽きないように作られ、500円もあれば本格的なコーヒーとドーナツを味わえることが魅力ですよね。
コーヒーとドーナツは青い食器に入れられて提供され、レトロな雰囲気を味わいながら優雅な気分になれるためリピーターが増えています。
私も本町周辺は頻繁に通りランチをするために立ち寄りますが、小腹を満たしてほっこりしたい時は平岡珈琲店に入るといいものです。

コーヒーとドーナツは結構手軽に味わえておやつとして店を利用するビジネスマンなどが多く、中に入ると昔にタイムスリップをしたような感じになり会話をするために立ち寄ると豪華な気分になります。
コーヒーはオーナーさんがこだわりを持って選び、日によって味が変わるために何度通っても飽きないものですよね。
私も何度か利用しましたが選べるメニューが少ないと迷う時間もなく、気軽に入りやすくてテイクアウトもできるため安心できます。
ドーナツはまさしく専門店の味で価格も安くてほっこりした気分になるもので、コーヒーは深みのある味わいのため休憩するために行くと良いでしょうね。
コーヒー専門店は大阪には星の数ほどありますが、平岡珈琲店ほど伝統を感じさせてくれる店はないと信じます。

大阪本町は地下鉄の主要駅で多くの企業が立ち並びにぎやかな場所ですが、平岡珈琲店は喧騒から開放できるようレトロな雰囲気を醸し出しています。
コーヒーとドーナツはシンプルな組み合わせですが期待を裏切らないように工夫され、一回行くとハマってしまうものですよね。
店の雰囲気はコーヒーを味わえるように配慮されていると興味深く、新たな刺激や発見ができるため食べ歩きをする楽しさを実感できますよね。
喫茶店はゆったりとした雰囲気を味わえますが、メニューが少ないと自信を感じさせてくれるものです。

大阪本町で歴史ある喫茶店といえば平岡珈琲店で、一度入ってみると新たな世界を知るきっかけになると思いますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました